シェアする

ニキビがヨーグルトで悪化する?便秘解消もするヨーグルトが改善の鍵

ニキビがない美肌の女性
ニキビがない美肌の女性

ニキビはヨーグルトで根本的に改善される可能性がとてもあります。でも食べ始めたときに一時的にニキビがたくさん増えて悪化することもあるんです。それはニキビにヨーグルトが効果的な理由を知ればわかりますよ。

その一時的にたくさんできて悪化するのを乗り越えてしまえば、ニキビ改善と便秘解消が両方できる可能性が高いんです。

ニキビがヨーグルトで悪化する?便秘解消もするヨーグルトが改善の鍵

ニキビをヨーグルトで改善できる理由

ニキビをヨーグルトで改善できる可能性が高いのは、ニキビと腸内環境はとても関係しているからです。腸内環境が悪いとニキビが増えてしまうんですよ。

ニキビが腸内環境が悪いと増える理由

腸内環境が悪い状態というのは、悪玉菌が善玉菌よりも多い状態です。悪玉菌は体に悪い毒素を作り出すのもいます。そして便秘の原因となります。便秘になると悪玉菌が作り出した毒素が腸に溜まります。何とか体の外に毒素を捨てようとして、その毒素を肌の表面に運んで行くんです。そして汗と混ぜて捨てて行きます。でも全ての毒素が汗で出ていくわけではありません。これがニキビの原因の1つなんです。

ニキビの原因をヨーグルトが作らせない、肌に運ばせない

ヨーグルトで腸内環境を良くすると、ニキビの原因である悪玉菌の毒素を作らせずに、肌に運ばせないことに繋がって行きます。それは腸内環境が良くなれば、そもそも悪玉菌が弱って毒素を作るのを邪魔できます。そして便秘になりずらくなり、作られた毒素が腸に溜まらないので肌まで送られなくなるんです。

ニキビがヨーグルトで一時的に増えて悪化する原因

ニキビがヨーグルトで改善する仕組みは、腸内環境が良くなることで悪玉菌が作り出す毒素が肌まで送られなくなることでした。でも、ニキビがたくさん増えてしまうほど腸内環境が悪いときにヨーグルトを食べるとニキビが一時的に増えてしまうことがあるんです。それは、悪玉菌が驚いて大暴れするからです。ヨーグルトに含まれる善玉菌の1種の乳酸菌は乳酸を作り出します。乳酸は腸内を弱酸性に変えて行きます。実は悪玉菌は弱酸性がすっごく苦手なんです。なので驚いてしまうんです。そして大暴れして毒素を大量に作ってしまうんです。

でも、この大暴れも一時的なものです。終われば善玉菌が多くなり腸内環境が良くなります。こうなればニキビは改善して、便秘も解消しているはずです。そのために善玉菌の1種の乳酸菌が大活躍できるヨーグルトが良いんですよ。

ニキビ改善と便秘解消をするヨーグルトとは

ニキビにヨーグルトが効果的なのは、腸内環境を良くすることでニキビの原因である悪玉菌の毒素が作られず、肌に送られることもなくなるからでした。

ここで重要なのはヨーグルトに入っている善玉菌の1種の乳酸菌です。乳酸菌は乳酸を作り出して、悪玉菌がすっごく苦手な弱酸性に腸内環境を変える働きがあります。なので乳酸菌が大活躍できるヨーグルトがニキビ改善と便秘解消をする鍵になるんです。

乳酸菌の大活躍をサポートする菌が入っているヨーグルトがあるんです。

それはケフィアヨーグルトです。

続き → 便通改善の食べ物なら発酵力をパワーアップさせたあの食べ物が鍵