シェアする

青汁効果の便秘解消効果をフルに引き出すために必要な2つのこと

青汁効果の便秘解消効果をフルに引き出すためには必要なことが2つあります。この必要なことを知らないと、便秘解消できないさらに悪化した、なんてことにもなりかねません。

せっかく青汁効果には、便秘解消に向かう効果もあるので、フルに引き出しましょうね。

青汁効果をフルに引き出すのに必要な2つのこと

青汁効果の便秘解消効果をフルに引き出すのに必要な2つのことを知らないと、効果が半減してしまうことがあります。

この2つのこととは、

・青汁の温度

・食物繊維バランス

です。

青汁効果を引き出す1:青汁の温度

青汁というと「朝から冷たい一杯を一気飲みする」イメージじゃないですか?

テレビCMでは、爽やかにこんなイメージですよね。でも、青汁は温かいホットがベストなんですよ。

青汁効果を引き出すには温かいホット

青汁のイメージは、冷たいですよね。

でも、本当はホットの方が効果を引き出せるんです。それは、体内のあらゆる内臓・器官は、適度に温かい方が力を発揮できるからです。

特に体温が低くなっている朝は、ホット青汁で温めた方が良いんですよ。

さらに、女性の方が便秘が多いのは、男性よりも熱を作り出す筋肉が比較的少ないからとも言われています。

冷えることで便秘が悪くなっている人が、冷たい青汁を飲んでいたら、便秘は解消できないです。

まずは、温めてくださいね。

青汁効果を引き出す2:食物繊維バランス

青汁効果を引き出す食物繊維バランスとは、2種類の食物繊維のバランスです。

それは、

水溶性食物繊維 1 に対して、

不溶性食物繊維 2 のバランスです。

青汁は、野菜や果物なら何でも入れて良いイメージですが、この食物繊維バランスを守ることが、便秘解消にはとても重要です。

それは、不溶性食物繊維には、便をまとめて硬くする効果があるからです。

硬くまとまった便は、出し辛いです。

便秘のときに水分を多く取るように言われるのは、便を水分で軟らかくするためです。

でも、食物繊維バランスを守って、水溶性食物繊維も飲んでいればOKです。

水溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して、ドロドロになります。

このドロドロの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が、混ざりながら便になっていくと、出しやすい軟らかな便になるんですよ。

青汁効果の便秘解消効果をフルに引き出すホットで食物繊維バランスを守る青汁

青汁効果の便秘解消効果をフルに引き出すために、ホットで食物繊維バランスを守っている青汁を飲んでくださいね。

そうでないと、せっかく買ってきたり、作ったり、飲み続けたことが、無駄になってしまうことになりかねません。

私もホットで食物繊維バランスを守っている青汁を探しました。

なかなか見つからなかったんですが、何とか見つけてきましたよ。

それは、

【オーガニックフルーツ青汁】
です。

効果や特徴をまとめた記事も作りましたので、読んで見てくださいね。

まとめ記事:

オーガニックフルーツ青汁の効果