シェアする

青汁で食物繊維を摂取するなら量じゃない!あの2種類のバランスが鍵

青汁の食物繊維イメージ
青汁の食物繊維イメージ

青汁は食物繊維を摂取するのに、とても便利な飲み物です。手作りもできますが、市販の青汁もたくさん売られています。

「 この青汁には、何グラムの食物繊維が入っていますか? 」

たくさん食物繊維を摂取したいなら、やっぱり気になるところですよね。

でも、青汁で食物繊維を摂取するときに大切なのは、ではなくバランスです。

バランスが崩れている青汁を飲むと、便秘がさらに酷くなります。

青汁の食物繊維の種類

「 青汁のバランスって、栄養バランスのこと? 」

いえいえ、食物繊維のバランスなんですよ。食物繊維は、大きく2種類に分けることができます。

それは、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の2種類です。

まず、それぞれの主な働きを見てみましょう。

水溶性食物繊維の働き

水溶性食物繊維の主な働きは2つです。

・水分を吸収して軟らかい便の元になる

・消化分解されて善玉菌の栄養になる

便秘の場合には、軟らかい便の方が出しやすいので、水溶性食物繊維が良いとされています。

ちなみに病院で処方されるマグネシウム系便秘薬も、同じように便を軟らかくする効果があるんですよ。

不溶性食物繊維の働き

不溶性食物繊維の主な働きは2つです。

・硬くまとまった便の元になる

・腸を刺激して、腸の働きを活性化させる

腸の働きが弱い人は、活性化されるので良いです。

青汁の食物繊維のバランス

食物繊維は、2種類に分けられます。

その内の、水溶性食物繊維には、軟らかい便の元になる働きがありました。

逆に、不溶性食物繊維には、硬くまとまった便の元になる働きがあります。

つまり、食物繊維のバランスが崩れて、便秘がさらに酷くなるのは、不溶性食物繊維に偏っている青汁を飲んでしまうからです。

多くの野菜や果物には、水溶性食物繊維が含まれていません。含まれている野菜や果物でも微量なので、不溶性食物繊維とのバランスが取れていないものが多いです。

理想の食物繊維のバランスは、水溶性食物繊維 が 1 に対して、不溶性食物繊維 が 2 までに収まることです。

よくあるのが、水溶性食物繊維をたっぷり摂取しようとしたら、実は不溶性食物繊維が2.5~4になっていた・・・なんてことです。

どうでしょう?

食物繊維のバランスが崩れて、硬く出しにくい便がお腹に溜まってしまうんです。便秘、酷くなりますよね。

なので、食物繊維のバランスが取れている青汁を探して来ました。

それが、

【オーガニックフルーツ青汁】
です。

さらに、腸内の善玉菌を育てる効果もあるんですよ。

続き → オーガニックフルーツ青汁の効果