シェアする

青汁に効果なし?便秘以外にも当てはまる2つの原因とその解決策とは

青汁で失敗した人
青汁で失敗した人

青汁に効果なし。だから飲むのは無駄。

ちょっと待ってください。効率的に食物繊維を摂取できる青汁が、「効果なし」になるなんてことありません。

「 でも、実際に飲んだら、効果なしどころか、さらに悪くなったよ 」

それには、2つ原因があるんです。そして、その解決策もちゃんとあるんですよ。

青汁に効果なしと思ってしまう原因2つ

青汁に効果なしと思ってしまう、むしろ便秘などの悩みが、さらに悪くなってしまうのには、2つ原因があるんです。

青汁が効果なしになる原因1:冷たい

青汁が効果なしのときに、飲んでいた青汁は冷たくないですか?

さらに、朝食代わりに飲んでませんでしたか?

実は、冷たい青汁を飲むと、効果がなしどころか、さらに悪くなることがあります。

それは、冷たい青汁によって、お腹の中が冷やされてしまうからです。

人の体内は、冷やされると本来の力を発揮できません。直接、冷やされてしまう胃や腸は、特に影響を受けてしまいます。

まだ、体温が上がっていない朝に、朝食代わりに飲むのは最悪です。女性は、男性よりも体内で熱を作り難いので、より悪いです。

なので青汁は、常温以上、できれば温めてホットで飲むのが理想です。

青汁が効果なしになる原因2:食物繊維バランスが悪い

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類に分けられます。

水溶性は、便を軟らかくし、消化分解されて善玉菌の栄養になる効果があります。

不溶性は、便をまとめて硬くし、腸を刺激して活発にする効果があります。

なので、不溶性ばかり入っている野菜や果物で作った青汁を飲んでいると、便がどんどん硬くなり、出し辛くなって行きます。

理想のバランスと言われる水溶性 1に対して、不溶性 2のバランスにすることが大切です。

青汁が効果なしと思うなら温度と食物繊維バランス

青汁は効果なし、それどころか悪化させてしまうことがあります。

それは、冷たい青汁で、体の中を冷やしてしまう場合と、食物繊維の水溶性と不溶性のバランスが崩れている場合です。

手作りの場合もそうですが、販売されている青汁でも、注意が必要です。

「生きた酵素が」「食物繊維たっぷり」などの売り文句を聞いたら、質問してください。

「温めて飲めますか?」「食物繊維バランスは大丈夫ですか?」

もし、駄目だったり、答えてもらえないようなら、止めた方が良いです。

「 探すの大変だし、質問するの恥ずかしい 」

それなら、この青汁はどうでしょう?

私も探してみたんですよ。温めてホットに出来て、ちゃんと食物繊維バランスが良い青汁

それは、

【オーガニックフルーツ青汁】
です。

効果や特徴を私なりにまとめました。1度、読んで見てくださいね。

まとめ記事:オーガニックフルーツ青汁の効果と特徴