シェアする

悪玉菌を減らす方法=悪玉菌が大嫌いな腸内環境に変えるあの菌が鍵

悪玉菌が困っている

悪玉菌を減らすにはあの菌で悪玉菌が大嫌いな腸内環境に変える

悪玉菌を減らすことができれば便秘はもちろん、いろいろな体のトラブルや悩みが改善する可能性がとてもあります。

でも、どうしたら悪玉菌を減らすことができるでしょうか?

それは、悪玉菌が大嫌いな腸内環境に変えてしまえば良いんです。そのために、あの菌の力を借りましょう。

悪玉菌を減らす腸内環境とは

悪玉菌を減らすには、悪玉菌が活動し難く大嫌いな腸内環境に変えることでできます。

この悪玉菌が大嫌いな環境は、善玉菌が大好きな環境です。

それは、弱酸性です。

腸内環境を弱酸性にすれば悪玉菌が活動し難くなります。

「 腸内環境を弱酸性に変えるって、お酢でも飲めば良いの? 」

残念ですが、お酢は消化吸収されるので飲んでも大腸まで届きません。

便秘解消でお馴染みのあの菌が弱酸性に変えてくれるんですよ。

悪玉菌が大嫌いな弱酸性に変える菌とは

悪玉菌を減らす腸内環境は弱酸性です。

お酢などを飲んでも、消化吸収されるので大腸まで届きません。

そこで、腸内で酸を作り出す、便秘解消でお馴染みのあの菌の出番です。

それは、乳酸菌ビフィズス菌です。

乳酸菌とビフィズス菌が作り出す酸とは

乳酸菌とビフィズス菌は腸内で酸を作り出して腸内環境を弱酸性に変えます。

この作り出す酸とは、乳酸です。

さらに、ビフィズス菌は乳酸以外に酢酸も作り出します。

酢酸はお酢の酸っぱい成分です。腸内で直接、作り出すので消化吸収してしまう心配はありません。

さらに、酢酸は食中毒で有名な病原性大腸菌 O-157を弱らせる効果があるという研究結果もあります。

悪玉菌が大嫌いな環境に変える乳酸菌とビフィズス菌の増やし方

悪玉菌を減らすには、大嫌いな弱酸性に変えることです。乳酸菌とビフィズス菌は、乳酸と酢酸を腸内で作り弱酸性に変えます。なので、悪玉菌を減らすには、乳酸菌とビフィズス菌を効率よく増やすことが重要です。

効率よく乳酸菌とビフィズス菌を増やすには、コツが必要です。

これを知らないと、

「 ヨーグルトを毎日、食べてるのに効果が出ない 」

「 このサプリ高かったのに、全然効かないじゃん 」

なんて、損して後悔してしまいます。

そのコツとは、自分に合った種類の菌を摂取することです。

「 でも、自分に合う種類の菌なんて知らないよ 」

そうですよね。

だったら、たくさんの種類を一緒に摂取してはどうでしょう。

腸内環境が変わって、体質が変わって、自分に合う種類の菌が変わっても、いつもたくさんの種類の菌を摂取していれば大丈夫です。

でも、たくさんの種類の菌をまとめて一緒に摂取するには、ヨーグルトなどでは凄い量を食べなくてはいけません。なので、サプリメントが便利です。

そこで、いくつもあるサプリを比較しました。

その中で、

☆☆女神フローラ☆☆
がとても良かったです。

人間に合う可能性が高い菌がいっぱい入っています。

女神フローラの詳しいことをまとめた記事も書きました。読んでみてくださいね。
まとめ記事:女神フローラが「自分に合う乳酸菌」を見つけるのにピッタリな理由

悪玉菌を減らす腸内環境に変えて、いろいろなトラブルも悩みも吹き飛ばしてくださいね。