シェアする

便秘が肌荒れの原因=スキンケアでは足りない根本解決する鍵とは

便秘は肌荒れの原因になることを2つも引き起こすんです。なので、化粧水・乳液・クリームなどのスキンケア商品を買うよりも、腸内フローラをキレイにする食品やサプリメントを買って便秘解消させていった方が肌荒れに効果的かもしれません。

便秘が引き起こす肌荒れの原因2つ

便秘は肌荒れの原因になることを2つもしているんです。

体内のゴミと毒素

そもそも便秘のときに溜まってしまう便って何でしょうか?

それは、外から入ってきた毒素、吸収しなかった残りカス、体内で作られたゴミ、善玉菌や悪玉菌の腸内菌や死んだ細胞などの固まりです。

つまり、体の外に捨てなければいけないゴミなんです。

写真みたいに体の中が、なっていたらどうでしょう?

何とか、外に捨てようとしますよね。でもお尻からは出せません。

こうなると別のところから、捨てようとするんです。それは、毛穴から汗としてとかです。

そうなると、毛穴が詰まる原因になります。さらに、毒素が肌近くの細胞に悪さもします。

これが直接、肌荒れにする原因なんです。

ホルモン

腸は、ただ食べ物を溶かして、吸収しているのではありません。

ホルモンなどの神経伝達物質を作っています。

便秘になって、正常に神経伝達物質を作れなくなったらどうなるでしょうか?

便秘が原因で、体のあちらこちらが、おかしくなりますよね。

もちろん、ホルモンバランスも崩れます

なので、便秘が間接的に肌荒れを起こすこともあるんですよ。

便秘解消して肌荒れをなくしていく方法

便秘解消する方法は、いろいろあります。その中でも肌荒れのことを考えると、ホルモンにも関係してくる腸内環境を良くしていく方法が良いです。

腸内環境を良くするには、善玉菌の仲間である乳酸菌・ビフィズス菌を摂取するのが近道なんですよ。

「これから毎日ヨーグルト食べようかな」

こう思った人もいますよね。でも、ちょっと待ってくださいね。

あなたに合った種類の乳酸菌・ビフィズス菌じゃないと期待していた効果は出ないかもしれないんです。

サプリメント・ヨーグルト・乳酸菌飲料のレビューとかを見ると

「効果ない」「効かない」「買って損した」

なんて書いてありますよね。それって食べたり飲んだりした”その人”に合わなかったからかもしれません。

こうならないために、自分に合う乳酸菌・ビフィズス菌を見つける必要があるんです。

こちらが自分に合う乳酸菌の見つけ方をまとめた記事です。読んで見てくださいね。

まとめ記事:自分に合う乳酸菌の見つけ方=効果的で効率的に見つけるある方法が鍵

肌荒れを防ぐ便秘を起こさない綺麗な腸内フローラ

便秘は、肌荒れを直接的にも間接的にも起こす原因です。なので、腸内フローラを綺麗にすることが肌荒れのない綺麗な肌にすることに繋がります。

そのためには、腸内環境を良くするために乳酸菌・ビフィズス菌を摂取することがおすすめです。ただし、自分に合った種類の乳酸菌・ビフィズス菌を探して摂取してくださいね。

便秘解消して、肌荒れの原因をなくしちゃいましょう。