シェアする

便秘は腸を温めるのが効果的=その理由と効率的に温める方法とは

便秘は温めるのが効果的なんですよ。便秘薬に頼る前に、まずは腸を温めてみてくださいね。

「腸を温めるなら、どんな方法が良いの?」

その質問には、最後に答えますね。まずは、どうして便秘は温めることが効果的ななのかを見て行きましょう。

その理由がわかると、温め方もすぐにわかっちゃいますよ。

便秘の腸が温まるとどうなる?

便秘の腸が温まると、どうなるでしょうか?

それは「逆に冷えてしまうとどうなってしまうのか」を考えるとわかるんです。

体が冷えると、便秘だけではなく、むくみや風邪を引きやすくなったりします。

これは、体が冷えることで、体のいろいろな機能が働き難くなるからです。動き難くなった体の症状として、わかりやすく出てくるのが便秘なんですよ。

つまり、逆に体が温まることで、体のいろいろな機能が働き易くなるんです。

温めると活発になる腸の機能

腸は、特に温度に敏感です。

温めるだけで、腸が食べた物を肛門へと送るベルトコンベアーのような機能の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になるんです。

便秘薬などは、刺激成分で腸を刺激して、無理やり蠕動運動を活発にするものもあります。

でも、こういうタイプの便秘薬は飲み続けると依存症になるリスクがあります。それは、徐々にその刺激に慣れて行って、便秘薬なしでは便を出せなくなってしまうからです。

それに強い刺激は副作用にもつながります。

そんな便秘薬の危険なリスクを負わなくても、温めるだけで期待通りの結果になる可能性があるんですよ。それなら、まずは温めてみますよね。なので、良い温める方法も紹介しますね。

便秘の腸を温める効果的な方法

便秘の腸を温める方法は、大きく2つに分かれます。外から温める方法と、中から温める方法です。

でも、温めたいのは体の中にある腸です。体の中心付近の温度を、深部体温と呼びます。この深部体温を上げることが便秘には効果的です。

なので、外から温める方法は大変です。サウナや湯船にしっかり浸からなくてはいけません。シャワーでは、不足だと言われています。

特に朝は体温が低いので、積極的に上げたいんです。でも、サウナや湯船に浸かってられないですよね。

と言うわけで、中から温める方法が良いんですよ。

温かければ白湯やお茶も効果がありますが、1番のおすすめは、

【オーガニックフルーツ青汁】
なんです。

青汁では珍しく、ホットで飲めます。そして、便秘解消の頼もしいパートナーの食物繊維もバランス良く入っているんですよ。

まとめた記事もあるので読んで見てくださいね。

まとめ記事:オーガニックフルーツ青汁の効果・特徴まとめ

便秘の腸を温めることのまとめ

便秘の腸は温めることで、便秘が改善していく可能性があります。それは冷えることで、腸の働きが悪くなるからです。

でも、しっかり腸を温めるには外からは大変です。お風呂やサウナにしっかり入る必要があるからです。

なので、内側から温めるのが効果的です。便秘解消が目的であれば、

【オーガニックフルーツ青汁】
がおすすめの方法です。温めるだけではなく食物繊維も取れるからです。

腸をしっかり温めて便秘をスッキリ解消してくださいね。