シェアする

ビフィズス菌と乳酸菌の違い=どちらが効果的なのか徹底比較します

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは意外にも少ないです。

それは、ビフィズス菌も乳酸菌の1種だからです。

でも、この少しの違いが、効果においては大きな違いになるんですよ。

まずは、効果に直結する、ビフィズス菌と乳酸菌の腸内で作り出す生産物の違いです。

ビフィズス菌と乳酸菌の腸内生産物の違い

まずは、ビフィズス菌も作り出す乳酸菌の腸内生産物から見て行きます。

乳酸菌の腸内生産物質

乳酸菌は腸内で、その名前にもなっている乳酸を生産します。

乳酸は、腸内を弱酸性に変えてくれます。

多くの善玉菌は、弱酸性が好きです。逆に悪玉菌は、弱酸性が苦手です。

自分だけではなく、他の善玉菌の手助けにもなるんですよ。

ビフィズス菌の腸内生産物質

ビフィズス菌も、乳酸菌の1種なので、乳酸を生産します。

そして、もう1種、酢酸も生産するんです。

酢酸の効果は、悪玉菌を攻撃します。弱らせて、働きを鈍くしてくれます。

さらに、あの食中毒で有名な病原性大腸菌 O-157も攻撃すると言われています。

酢酸は、名前の通り「お酢」に含まれる酸です。

「 だったら、お酢を飲めば良いんじゃないの? 」

それが、出来ないんですよ。お酢を飲んでも、体に消化吸収されるので、腸の奥まで届きません。ビフィズス菌は、腸内で酢酸を生産するので、直接、腸で効果を発揮できるんですよ。

ここまで、読むと、

「 ビフィズス菌を取れば、普通の乳酸菌は、いらないんじゃないの? 」

と思いますよね。

でも、ビフィズス菌と乳酸菌では、住んでいる場所が違うんです。

ビフィズス菌と乳酸菌の住んでいる場所の違い

ビフィズス菌と乳酸菌は、

体内で住んでいる場所に違いがあります。

ビフィズス菌の住んでいる場所

ビフィズス菌は、酸素が苦手です。

なので、酸素があると活躍できません。

酸素が極端に少ない、

大腸にしかいられないんです。

なので、大腸で大活躍して、環境を良くできても、

その手前、小腸では全然、活躍できません

乳酸菌の住んでいる場所

乳酸菌には、ビフィズス菌と違って、

酸素があっても元気に活躍できる菌もいます。

なので、小腸、大腸、両方に住んでいます。

大活躍とまで行かなくても、

どこでも活躍できるオールラウンダーなんですよ。

ビフィズス菌も乳酸菌も両方、活躍させましょう

ビフィズス菌は乳酸菌と違い、病原性大腸菌 O-157にも効果があると言われる酢酸も生産物質として作り出します。

なので、ビフィズス菌の方が、優秀に見えます。

でも、ビフィズス菌には弱点があります。それは、酸素が苦手なので、大腸でしか活躍できないことです。

そこで、乳酸菌です。乳酸菌は、酸素があっても大丈夫な種類もいます。なので、大腸だけではなく、小腸でも活躍できるんですよ。

結局は、ビフィズス菌も乳酸菌も、両方たくさん取った方が良いということです。

でも、ビフィズス菌と乳酸菌を取るときに、注意してほしいことがあります。

これを知らないと、期待ほどの効果が出ない可能性があるんです。

「 ヨーグルト食べたのに、効かなかった 」

これは、まさにその注意点を知らなかったからかもしれません。

続き → 乳酸菌は効果なし?効果が出ない理由と、その簡単な解決方法とは