シェアする

ビフィズス菌の食品と言えば菌をサポートする○○入りヨーグルトが鍵

ビフィズス菌の食品と言えばヨーグルトですよね。

でも、せっかく食べるなら、ビフィズス菌がもっと活躍できるように、サポートしてくれるのが入っていた方が良いですよね。

そんなヨーグルトがあるんです。それには、ある○○が入っているんです。

( なんか怪しいですねwそんなことないんですけどねw )

○○が入ったことで、普通のヨーグルト容器を破裂させるぐらい、ヨーグルト内の菌が元気に活動するんですよ。

ビフィズス菌の食品であるヨーグルトをもっと凄くする○○とは

ビフィズス菌の食品であるヨーグルトを、普通のヨーグルト容器を破裂させるぐらい凄くする○○とは何でしょうか?

「薬」「オリゴ糖」「チーズ」「ホイップクリーム」

どれも違いますよ。正解は酵母です。

ビフィズス菌の食品であるヨーグルトに酵母が入るとどうなる?

ビフィズス菌の食品であるヨーグルトには、ビフィズス菌以外にも、乳酸菌も入っていますよね。

ビフィズス菌は、分類の仕方がいろいろありますが、乳酸菌の仲間、乳酸菌の1種と言われています。

酵母は、ビフィズス菌と乳酸菌をサポートする酵母生産物質を作り出すんです。

さらに凄いのが、ビフィズス菌と乳酸菌が作り出した生産物質が、酵母をサポートしているんです。

こういう複数の種類の生物が、お互いに良くし合っている関係なんでしたっけ?

中学・高校の生物の授業でやりましたよね。

そう、共生関係です。

ビフィズス菌・乳酸菌と酵母は共生関係なので、お互いにサポートしながら、どんどん増えて活躍してくれるんですよ。

こうなると、普通のヨーグルト容器ぐらい破裂しちゃいますよね。

こんな凄いヨーグルトが、1800年以上前から食べられていたんですよ。

ビフィズス菌を凄くする酵母入りヨーグルトは1800年以上前からあった!?

酵母入りヨーグルトは、新発見ではありません。1800年前から食べられていたという説もあります。

ケフィアヨーグルトという名前で、ロシアのコーカサス地方で食べられてきたヨーグルトなんです。

コーカサス地方は、カスピ海ヨーグルト発祥の地でもあります。ヨーグルト文化の先進地域なんですね。

日本でも、カスピ海ヨーグルトが流行ったときに、ケフィアヨーグルトも少し流行りました。

ただ、当時は情報が少なくて、酵母がビフィズス菌をサポートする、と言うところまで伝わりきりませんでした。

今になって、とても注目されているんです。

そんな歴史があって、ビフィズス菌と乳酸菌をサポートするケフィアヨーグルトですが、どれを買っても同じではありません。

買って後悔しない、失敗しない、選び方があるんです。

続き → ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに、確認するべき3つのこと