シェアする

ビフィズス菌タブレット=効果が出やすい菌を選ぶのがポイント

ビフィズス菌タブレットがもっと増えてくれたら良いですよね。「錠剤やカプセルを飲み込むのって苦手」と言う人もいるし、「水なしで利用できるタブレットの方が便利」と言う人もいますよね。

アメリカでは錠剤・カプセルのサプリよりも、食べられるタイプが人気らしいです。なので、これからは日本でも少しずつビフィズス菌タブレットが増えて行くと思います。

そこで、今の内にビフィズス菌タブレットを選ぶポイントを知っておきましょう。

ビフィズス菌タブレットの選び方

せっかくビフィズス菌タブレットを食べるなら、まずはタブレットに入っているビフィズス菌にはこだわりたいですよね。

ビフィズス菌は、2種類に大きく分けられます。それは「ヒト由来」と「動物由来」です。

元々、人間の中に住んでいる種類のビフィズス菌が、ヒト由来ビフィズス菌です。

動物由来は、人間以外の動物に住んでいる種類のビフィズス菌です。

どちらが人間に適したビフィズス菌でしょうか?

やっぱり、ヒト由来ビフィズス菌なんです。

ヒト由来のビフィズス菌が良い理由

ビフィズス菌タブレットを選ぶときのポイントは、タブレットに入っているビフィズス菌がヒト由来かどうかです。

「どうして動物由来のビフィズス菌じゃダメなの?」

それは、人間以外の動物のお腹と人間のお腹では環境が全く違うからです。例えば、体温・Ph・ビフィズス菌を含む菌の種類もバランスも違います。

環境が違うとせっかくたくさんのビフィズス菌をビフィズス菌タブレットで補給しても、お腹の中でビフィズス菌は活躍できないんです。

ビフィズス菌に活躍してもらうには、ビフィズス菌に腸の壁に住み着いてもらうのが1番です。

なので、ビフィズス菌タブレットに入っているビフィズス菌は、人間のお腹の環境にあっているヒト由来のビフィズス菌が良いんですよ。

おすすめのビフィズス菌

そんなヒト由来のビフィズス菌の中でも、特に良いビフィズス菌がいるんです。

それが、ビフィズス菌BB536です。ヒト由来の人間に住み着いてくれやすいビフィズス菌なんですよ。

このビフィズス菌BB536が入っているビフィズス菌タブレットを探しておきました。

それは、

☆☆善玉ガード☆☆

です。

ビフィズス菌タブレットですが、強力な乳酸菌やオリゴ糖も入っているんですよ。詳しくまとめた記事があるので読んでみてくださいね。

まとめ記事:善玉ガードの効果・特徴まとめ

ビフィズス菌タブレット選びのポイントまとめ

ビフィズス菌タブレット選びのポイントは、タブレットに入っているビフィズス菌がヒト由来であることです。

それはビフィズス菌が効果を発揮するには、住み着いて長くいてくれる必要があるからです。

そして、ヒト由来のビフィズス菌の中でも、ビフィズス菌BB536がおすすめです。特に人間のお腹に住み着いてくれやすいからです。

このビフィズス菌BB536が入っているビフィズス菌タブレットは

☆☆善玉ガード☆☆
なんですよ。ビフィズス菌タブレットを選ぶときに、参考にしてくださいね。

ビフィズス菌タブレットで気軽にサッとビフィズス菌を取って、便秘もサッと終わらせてくださいね。