シェアする

安い青汁で安物買いの銭失いしない!チェックすべき○○バランスとは

バランスを取る
バランスを取る

安い青汁で便秘解消できたら良いですよね。高価な薬やサプリメントを買うよりも、お金だけでなく健康にも良さそうです。

でも、買う前にチェックすべきことを知らないと「青汁を飲み始めたら便秘がもっと悪くなった」なんてことになりかねません。

なので安い青汁で後悔しないようにチェックすべきことをまとめました。

安い青汁で安物買いの銭失いしない!チェックすべき○○バランスとは

安い青汁で後悔しないようにチェックすべき○○バランスとは

安い青汁を買って安物買いの銭失いしないために、チェックすべきバランスとは食物繊維バランスです。でも、食物繊維と他の栄養とのバランスではないんですよ。あくまで食物繊維のバランスなんです。

それは、食物繊維は大きく2種類に分けることが出来ます。1種類目は便秘解消やダイエットなんかでも話題になる水溶性食物繊維です。そして、2種類目は不溶性食物繊維です。

この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスをチェックしてほしいんです。

この2種類の食物繊維バランスは、安い青汁に限ったことではありません。高い青汁でも是非チェックしてくださいね。チェックしないで買うと便秘が悪化してしまうかもしれません。

安い青汁でも高い青汁でもバランスが悪いと便秘が悪化する

安い青汁に限らず青汁で後悔しないためには、2種類の食物繊維のバランスをチェックしてくださいね。そうしないと便秘解消のために買った青汁が便秘を悪化させる原因になることがあるんです。

それは、不溶性食物繊維には便をまとめて固める効果があるからなんです。不溶性食物繊維ばかりだと硬い便がどんどん作られてしまって詰まってしまいします。

バランス良く水溶性食物繊維も摂取すれば、程よい硬さで出しやすい便になるんですよ。

よくあるのが不溶性食物繊維は便秘の敵と誤解されることです。

本当は不溶性食物繊維にも良い効果があります。腸を物理的に刺激して働きを活発にしてくれる効果があるんです。

なので大切なのは、不溶性食物繊維ばかりにならないように、バランス良く水溶性食物繊維も摂取することなんですよ。

理想のバランスは2:1

安い青汁に限らず青汁を買う前に食物繊維バランスをチェックしないと、便秘が悪化することがあります。

では、青汁に入っている不溶性食物繊維の量に対して、どれくらいの量の水溶性食物繊維が入っていれば大丈夫なんでしょうか?

それは理想の食物繊維バランスと言われている

不溶性食物繊維 2 : 水溶性食物繊維 1

のバランスで青汁にそれぞれの食物繊維が入っていればOKです。

つまり、不溶性食物繊維が100グラム入っていたら、水溶性食物繊維が50グラム以上入っている必要があると言うことです。これが、不溶性食物繊維 3 : 水溶性食物繊維 1 とかになると便秘が悪化する危険性があります。

なので、安い青汁を買う前にはパッケージを読んで見てくださいね。それでわからなければ、その青汁を紹介している公式HPをチェックしてみてください。

ちゃんと理想の食物繊維バランスを守っている青汁であれば、そのことがほとんどの青汁には書いてあるはずなんです。それは、理想の食物繊維バランスということが、その青汁を売り込む特徴になるからなんですよ。

安い青汁で後悔しないために

安い青汁に限らず青汁で後悔しないためにはチェックすべきことがあります。

それは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスです。この食物繊維バランスが悪いと、便秘が悪化することもあります。

安い青汁でも、ちゃんと食物繊維バランスが良い青汁ならパッケージや公式HPには売り込む特徴として、ほとんどのものに書いてあるはずなんです。

安い青汁で「安物買いの銭失い」だったなんて、後悔することがないようにちゃんとチェックしてくださいね。そして、便秘解消を推し進めてください。

ちなみに、激安とまでは行きませんが、食物繊維バランスが整っていて始めやすい青汁を見つけてあるんです。

それは、

【オーガニックフルーツ青汁】
です。

ホット青汁にして飲めるので、冷たい青汁よりも便秘解消には効果的なんですよ。

詳しくは私がまとめた記事もあるので、読んで見てくださいね。

まとめ記事:オーガニックフルーツ青汁の効果・特徴まとめ