シェアする

コーヒーが便秘地獄にあなたを突き落とす最悪の薬漬けシナリオとは

便秘地獄
便秘地獄

コーヒーで便秘地獄に落ちる最悪のシナリオ

コーヒーは便秘に悪いです。それも根本的に便秘を悪化させます。

「 コーヒーには便秘解消を手伝う効果もあるって聞いたけど・・・ 」

確かにそういう話をよく聞きます。でも、その便秘解消を手伝う効果こそ、根本的に便秘を悪化させる原因なんですよ。

コーヒーで便秘地獄に落ちる理由

コーヒーは便秘地獄に突き落としてくる怖い飲み物です。でも便秘に良い効果もないわけではありません。

ただし、一般的に便秘に良いと言われている効果の中に、根本的に便秘を悪化させる地獄の穴が混ざっています

コーヒーが便秘に良いと一般的に言われる3つの理由

1、コーヒーオリゴ糖

コーヒー豆のカスにはコーヒーオリゴ糖というオリゴ糖の一種が含まれています。他のオリゴ糖と同様に腸内の善玉菌の栄養になります。

2、乳製品

ブラックコーヒーしか飲まない人は該当しません。カプチーノやカフェオレを始めとしてミルクを入れる人は、乳製品の恩恵を受けることが出来ます。

3、カフェイン

カフェインは一種の興奮剤としての効果があります。これによって、胃腸を刺激することで胃腸が活発にします。

コーヒーが便秘に良いと一般的に言われる地獄の穴の効果とは

コーヒーが便秘に良いと一般的に言われる効果の中に地獄の穴が隠されています。

それはどれでしょうか?コーヒーオリゴ糖と乳製品は問題ないですよね。

なので、カフェインです。

コーヒーに限らずカフェインはとても強い成分です。栄養ドリンクを飲むだけで元気が出るのは、栄養を補給したからではありません。カフェインによって興奮しているからです。

人間の三大欲求の中で最も強い「睡眠」を抑えることが出来るほどなんですよ。

コーヒーで便秘地獄に落ちるまで

こんな話を聞いたことはありませんか?話している人はいませんか?

「便秘のときには、コーヒーを飲むと出せるんです」

「コーヒー飲まないと、お腹の調子が悪いんですよね」

これ便秘地獄に落ちてるかもです。

大人になるにつれ、何となく飲み始めたコーヒー。腸はカフェインによって刺激され活発になる毎日。気づけば腸はカフェインに刺激されるのが当たり前。刺激されて活発なのが正常。

コーヒー飲まない日は、刺激されないから腸は働かず、自然なお通じがこないし出せない。

これがコーヒーで便秘地獄に落ちるまでの最悪のシナリオです。何か特別に怖いことしていますか?毎日の習慣でコーヒーを飲んでいただけですよね。

でも、コーヒーなしでは自力で便を出せなくなるほどに腸が弱っているんです。

これ便秘薬依存症と全く同じことなんです。

コーヒーに限らず、便秘茶なんかにも同じことが起きることがあります。

参考記事:便秘薬依存の危険性=薬成分配合の便秘薬以外の商品にも要注意!!

コーヒーで便秘地獄に落ちたくないなら

極端と思うかもしれませんが、コーヒーで便秘地獄に落ちることはあります。本当に気をつけたい飲み物なんです。毎日の習慣だからと飲み続けないでくださいね。

そして便秘地獄に落ちてしまったなら、きっぱりコーヒーを止めましょう。その代わり、腸を元気にすることをしていけば、きっと便秘地獄からも抜け出せます。

そのために必要な情報を提供・紹介して行きますね。

ちょっと毎日の習慣を変えて、本当の健康、便秘解消していきましょうね。

カテゴリ:「便秘を楽にする方法」一覧