シェアする

腸内フローラが乳酸菌で綺麗になる=大活躍する乳酸菌を選ぶのが鍵

花畑のイメージ
花畑

腸内フローラは乳酸菌を取ることで綺麗することができます。腸内フローラが綺麗になると便秘だけじゃなくて「美容・ダイエットにも良い影響がある」という研究報告もあるんです。

それなら、絶対に綺麗な腸内フローラでいたいですよね。

でも、睡眠不足とか、ストレスが溜まるとか、当たり前ですよね。なので、やっぱり悪玉菌が増えて、綺麗じゃない腸内フローラの人が多いんです。

なので、腸内フローラを簡単に綺麗する方法を見て行きましょう。

腸内フローラとは

腸内フローラを綺麗にする方法の前に、そもそも腸内フローラって何でしょうか?

それは、腸の中にいる菌たちの姿なんですよ。

腸の中にいる菌と言えば、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のことです。これらの菌たちは、それぞれの種類ごとに腸の壁にくっ付いているんです。

この状態の菌たちを顕微鏡で見ると、花畑のように見えるので腸内フローラって呼ばれています。

なので綺麗な腸内フローラとは、善玉菌がいっぱいいることなんですよ。

腸内フローラが乳酸菌で綺麗になる理由

綺麗な腸内フローラとは、腸の中に善玉菌がいっぱいいることです。なので、乳酸菌が腸内フローラを綺麗にしてくれるんですよ。

乳酸菌は善玉菌の仲間なんです。なので、乳酸菌を飲むだけでも綺麗な腸内フローラに一歩前進です。

さらに、乳酸菌は乳酸を作ります。そうすると腸内が弱酸性に変わっていくんです。乳酸菌以外の他の善玉菌も弱酸性が大好きなんです。

なので、乳酸菌を取っていると腸内フローラがどんどん綺麗になっていくんですよ。

そして、そんな乳酸菌の中でも、特に取りたい種類の乳酸菌がいるんです。

腸内フローラを綺麗にするために特に取りたい乳酸菌とは

便秘だけじゃなくて、美容とダイエットのためにも、腸内フローラを綺麗にしたいですよね。そのためには乳酸菌を取って、どんどん善玉菌を増やしたいです。

でも、どの乳酸菌でも良いというわけじゃないんです。

たくさんいる乳酸菌の中でも、もともと人の中に住んでいる乳酸菌であるLCKT-11という乳酸菌を特に増やしたいんです。

それは、人の中で活躍する乳酸菌だからです。だって、動物によって体温が違いますよね。Phなどの腸内環境も違うんです。

なので、もともと人の中に住んでいる乳酸菌でないと、人じゃない別の動物の中では大活躍でも、人の中では大活躍してくれないからです。

そこで、もともと人の中にいる乳酸菌 LCKT-11 が簡単に取れる

☆☆善玉ガード☆☆
のようなサプリを飲み始めてみてくださいね。

善玉ガードについて詳しくまとめた記事もあるので、読んで見てください。

まとめ記事:善玉ガードの効果・特徴まとめ( 内部リンク )

腸内フローラが乳酸菌で綺麗になる:まとめ

腸内フローラが綺麗になると便秘だけではなく、美容・ダイエットにも良い影響があると言われています。

そもそも綺麗な腸内フローラとは、善玉菌がいっぱいいることです。なので、善玉菌の仲間であり、善玉菌が大好きな弱酸性に変える乳酸菌はとっても大切なんです。

そんな乳酸菌の中でも、もともと人の中に住んでいる乳酸菌であるLCKT-11という乳酸菌が効果的です。それは、他の動物に住んでいる乳酸菌では、人の中でも活躍してくれるとは限らないからです。

なので、
☆☆善玉ガード☆☆
のように、LCKT-11を簡単に飲めるサプリを試してみてください。

腸内フローラを綺麗にして、便秘・美容・ダイエットにも良い影響を与えて、見た目も綺麗になってくださいね。