シェアする

青汁をホットで飲むと効果アップ!体のあれの働きを活発にするのが鍵

ホット青汁を飲んでいる女性
ホット青汁を飲んでいる女性

青汁をホットで飲むと便秘解消の効果がアップするんです。爽やかに、朝から冷えた1杯をゴクッと飲み干す。こんなイメージですが青汁はホットの方が良いんですよ。

特に、朝はホットがおすすめです。青汁で便秘がさらに悪くなった人は、ホットにしなかったのが原因かもしれませんよ。

青汁をホットで飲むと効果アップする理由

青汁はホットの方が便秘には良いんです。では青汁のホットとアイスでは、何が変わるんでしょうか?

「温度でしょ??」

そのままですが、そうなんです。ここで重要なのは、飲むことで変化する体温です。それも深部体温なんですよ。

青汁をホットで飲むと上がる深部体温とは

体の温度である体温の中でも、深部体温は体の中心近くの体温のことです。

深部体温と言えば、風邪を引いたときに上がる体温です。風邪の原因の細菌やウィルスと戦った分、いつも以上に体の中が働くから、体温が上がると言われています。

でも、体が活発に働くために、体温を上げる必要があるとも言われているんです。

つまり、体温が上がれば活発に体の中は働けるんです。

青汁をアイスで飲むとどうなる?

青汁のイメージのように、爽やかに、朝から冷えた1杯をゴクッと飲み干したらどうでしょうか?体温が上がりきらない寝起きの朝にですよ?

深部体温が下がってしまうので、体の中の働きは弱くなりますよね。せっかく起きて少しづつ温度が上がり始めたのに、胃や腸はダイレクトに冷やされてしまいます。

それに女性は男性よりも熱を作り出す筋肉が少なめです。なので男性よりも女性は熱を作り、体温を上げるのが苦手と言われています。

だからこそ、朝食として飲むことが多い青汁はホットにするべきなんですよ。

青汁をホットで飲んで深部体温を上げる

青汁をホットで飲むことで、深部体温が上がります。そうすると、ダイレクトに胃や腸が温められます。温められた胃や腸は、活発に働きだすんです。これが、青汁をホットで飲むと効果アップする理由です。

でも、青汁は野菜や果物の栄養を壊さないためにアイスで飲むべきという人もいます。

なので、青汁をホットで飲むときには、ホット専用の青汁を探すのが良いんです。そこで、見つけてきましたよ。

ホット専用の青汁で、食物繊維・ビタミン・βカロテン・鉄分・葉酸など豊富な栄養が摂取できる青汁

【オーガニックフルーツ青汁】
です。

便秘解消だけではなく、ダイエット効果も期待できるんですよ。詳しくまとめた記事も書いたので読んで見てくださいね。
まとめ記事:オーガニックフルーツ青汁の効果

青汁をホットで飲んで効果アップまとめ

青汁をホットで飲むと効果がアップします。それは深部体温を上げることができるからです。

深部体温が上がると腸の働きを含む、体のいろいろな働きが良くなるからです。

特に女性は熱を作り出すのが男性よりも苦手です。なので、体温が上がりきらない朝に青汁をホットで飲むのが効果的です。

でも、普通の青汁だと加熱することで効果が弱くなってしまうものもあります。なので、ホット専用の青汁

【オーガニックフルーツ青汁】
が良いんですよ。

ホット青汁を朝食に飲んで、朝から元気な1日にしてくださいね。