シェアする

ケフィア効果で便秘解消=他のヨーグルトに入っていない、あの菌が鍵

ケフィア効果で便秘解消を目指せます。ケフィアは普通のヨーグルトとも、カスピ海ヨーグルトとも違います。

乳酸菌やビフィズス菌に加えて、酵母が入っているんです。

この酵母のお陰で、普通のヨーグルトでは考えられないぐらい便秘解消に導いてくれます。

ケフィア効果の秘訣は酵母の力

ケフィア効果の最大の特徴にして、秘訣は酵母の力です。ケフィアは、乳酸菌・ビフィズス菌と酵母で作ります。

「 酵母ってお酒を造るときに、入れるんだっけ? 」

「 パン作りで生地を膨らませる、あの酵母? 」

どちらも正解です。その酵母です。

酵母は、発酵の過程で、いろいろな物を作り出しています。その作り出された物をまとめて、酵母生産物質と呼ばれています。

酵母生産物質の働き

ケフィア以外にも酵母生産物質を利用して、いろいろな食品が作られています。

でも、ケフィアは、他の食品と比べられないくらい、酵母生産物質を上手に利用している食品なんですよ。

乳酸菌・ビフィズス菌と酵母の共生関係

酵母が、お腹の中で酵母生産物質を作り出します。

この酵母生産物質のサポートを受けて、活発に働き出す菌がいるんです。それが、乳酸菌ビフィズス菌です。

さらに、乳酸菌とビフィズス菌も生産物質を作り出しています。この乳酸菌・ビフィズス菌生産物質が、酵母をサポートしています。

つまり、乳酸菌・ビフィズス菌 と 酵母は、共生関係にあるんです。

ケフィアの共生関係のメリット

ケフィアに入っている乳酸菌・ビフィズス菌と酵母は、共生関係にあります。この共生関係によって、2つも良いことがあるんです。

便秘解消効果が高い

乳酸菌・ビフィズス菌と酵母が、それぞれの生産物質でサポートを受け合っています。

なので、腸内環境を良くして、便秘解消する効果がとても高いです。

普通のヨーグルトでは、効果を実感できなかった人も、ケフィアなら違う結果になる可能性があります。

手作りしやすい

ケフィアは食べる前、作っているときから、乳酸菌・ビフィズス菌と酵母の共生関係が始まっています。

その働きは、市販の普通のヨーグルトを入れる容器では、破裂してしまうほどです。

これほど働きが活発だと、他の菌が増えてしまうなどの失敗が起きずらいです。つまり、簡単に作ることが出来るんですよ。

ケフィア効果で便秘解消へ

ケフィア効果は、酵母の生産物質がとても関係しています。

そのお陰で、便秘解消効果が高く、簡単に作ることが出来ます。

ケフィアを食べて、溜まった便秘を スルッ と終わりにしましょう。

ケフィアを始めるのは、たね菌を選ぶところから始まります。

そのときに、後悔しないために、確認してほしいことがあるんです。

関係記事:

ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに、確認するべき3つのこと