シェアする

ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに確認するべき3つのこと

ヨーグルト売り場
ヨーグルト売り場

ケフィアヨーグルトのたね菌の種類が増えてきました。注目度が上がってきている証拠だと思います。

でも、種類が増えると選ぶのに迷ってしまいます。

そこで、ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに、確認するべき・・・と言うより、確認した方が「買わなきゃよかった」と、後悔しにくくなることを3つ紹介します。

ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに確認すること

① 菌の種類

ケフィアヨーグルトと聞くと、「ケフィアヨーグルト菌」と呼ばれる菌がいそうです。でも、これは間違えです。

乳酸菌と酵母菌の両方の働きで作られるのがケフィアヨーグルトです。

つまり、「ケフィアヨーグルト」と言う、ヨーグルトの1ジャンルなんですよ。

なので、乳酸菌と酵母菌の種類が大切です。

どういった菌が入っているのか?

何種類の菌が入っているのか?

を良く確認してください。

そして、菌は複数種類が入っていた方が良いです。

それは、1種類だけが腸内で増えて、偏るのは良くないからです。

さらに、いくつかの種類がいると、1種類が死滅しても他の菌が生き残ります。つまり、1種類だけだと、1つの原因でみんな死滅してしまうことがあるからです。

② 楽な作り方なのか

ケフィアヨーグルトは、乳酸菌だけではなく、酵母菌の発酵によって作られます。

他のヨーグルトよりも、作りやすく失敗しにくいです。

なので逆に、作り方の紹介が雑な商品があります。

購入して、届いて、説明書を読んだら、いろいろ面倒なことが書かれてあったらガッカリですよね?

手軽に作れるものだからこそ、しっかり説明してある商品を選んでください。

③ 植え継ぎを進めていない

以前、流行った「カスピ海ヨーグルト」の影響で、植え継ぎが出来ると言われています。

たしかに植え継ぎで楽しむことが出来ます。でも、ずっとはしない方が良いんです。

詳しいページも作ったので、一緒に読んでください。

ケフィアの植え継ぎは危険!?そのリスクとは(内部リンク)

内容を簡単に言うと、衛生面のリスクと、菌が気づかない内に死滅しているリスクがあります。

このリスクを説明せずに、「 このたね菌を買えば、ずっと植え継ぎで楽しめますよ 」なんて言っている商品を信用しない方が良いです。

ケフィアヨーグルトのたね菌の購入は、良く確認してから

ケフィアヨーグルトのたね菌を選ぶときに、確認した方が後悔しにくくなる3つのことを紹介しました。

どういった菌が、何種類入っているのか?

作り方は楽なのか?

植え継ぎを進めてこないか?

この3つを良く確認してケフィアヨーグルトで、便秘をスッキリさせてくださいね。

そして、3つのことを確認した

手作りケフィアヨーグルトセット
ロイヤルケフィアプロ
がオススメのケフィアヨーグルトです。

調べたことをまとめたページです。

→ ロイヤルケフィアプロ(ヨーグルト)の特徴(内部リンク)