シェアする

痩せ菌とデブ菌は腸にいる=便秘対策がダイエットになる新乳酸菌が鍵

痩せ菌とデブ菌
痩せ菌とデブ菌

痩せ菌とデブ菌と言う菌がいるという話が一気に広まりました。ダイエットの新しい可能性というか、楽に痩せられる方法ならとっても嬉しい話ですよね。でも、あまりに一気に広まった話なので間違った情報も多く飛び交っているようです。

そこで痩せ菌とデブ菌についての情報を調べてまとめました。その中で新種の乳酸菌が痩せ菌を増やすのにとても役立つと言うことまで見つけ出せたんです。

痩せ菌とデブ菌は腸にいる=便秘対策がダイエットになる新種の乳酸菌が鍵

痩せ菌とデブ菌って何?

痩せ菌とデブ菌って何でしょうか?何かの例え話でしょうか?

いえいえ、本当に菌の話なんです。痩せ菌とデブ菌はどちらの方が多くて、どちらがより活動しているのかが大切です。これによって、痩せやすい体質なのか、デブりやすい体質なのかが決まってしまうことが解ってきたんです。

逆に言えば遺伝などの変えることのできない条件だけで痩せやすい体質とデブりやすい体質が決まっているわけではないということです。

なので体質を変えて痩せやすい体質になることが出来るんですよ。

痩せ菌とデブ菌はどこにいるの?

痩せ菌をデブ菌よりも増やして活発に活動させることが出来れば、何故かたくさん食べているのに太らない人の仲間入りです。

でも、そもそも痩せ菌とデブ菌は体のどこにいるんでしょうか?

それは腸の中です。痩せ菌とデブ菌は腸内細菌であることが解っています。それも痩せ菌が善玉菌の仲間でデブ菌が悪玉菌の仲間であることまで解って来ているんです。

善玉菌と悪玉菌と言えば便秘のお話ですよね。以前は太っているから便秘になりやすいと思われていました。実際に運動しないから太るし便秘になるという例もあります。でも本当は善玉菌よりも悪玉菌が多いから便秘になるし、太りやすい体質になっていたんですね。

なので痩せたいなら便秘対策の中でも腸内環境を良くすることをすれば良いんです。

痩せ菌をデブ菌よりも増やす便秘対策

痩せ菌は腸の中にいる善玉菌で、デブ菌は悪玉菌です。善玉菌を悪玉菌よりも増やすには便秘対策の方法が役立ちます。つまりヨーグルトでお馴染みの乳酸菌が役立ってくれるんです。

乳酸菌は腸の中で乳酸という酸性の物質を作り出します。そうすると腸の中は弱酸性に変わっていきます。痩せ菌も乳酸菌も他の善玉菌も弱酸性が大好きなんですよ。一方でデブ菌や他の悪玉菌は弱酸性が大の苦手です。なので便秘のときにはヨーグルトなんです。

「じゃあ今からヨーグルト買ってくる!」

と言うのは待ってくださいね。ヨーグルトの種類によって入っている乳酸菌の種類が違います。乳酸菌と一言で言ってもたくさんの種類がいるんです。そして痩せやすい体質になることをサポートしてくれる新種の乳酸菌がいるんですよ。

痩せ菌をデブ菌より増やすサポートをする新種の乳酸菌

腸の中にいる痩せ菌をデブ菌よりも多くして活発に活動させるためには、乳酸菌が入っているものを食べることが効果的です。そんな乳酸菌ですが新種の乳酸菌が開発されたんです。その乳酸菌は今までの乳酸菌にはない効果があります。その効果でもっと痩せやすい体質に変えてくれるんですよ。

それはガネデン乳酸菌です。アミノ酸の吸収を助ける効果を持っているんです。体を作っている成分の1位は水分です。2位はアミノ酸なんです。なので、とても大切で重要な成分なんです。その吸収を助けることで体質を変えるサポートだけではなく、いろいろなことに役立ってくれるんです。

でも、とても困ったことがあります。それはガネデン乳酸菌がアメリカで開発されて、特許もアメリカで認可されたことです。なかなか日本では買えないんです。

すっごく探し回ったんです。日本でも定期的に変えるガネデン乳酸菌が入っているものを。そして見つけ出したのが

スマートガネデン乳酸菌

 です。

ガネデン乳酸菌と他にも役立つ乳酸菌がたくさん入っているんですよ。詳しくまとめた記事も書いてあるので読んでみてくださいね。

まとめ記事:スマートガネデン乳酸菌の効果・特徴まとめ

自然に痩せてスマートになって行く、そして楽々スマートをキープできる体になってくださいね。