シェアする

妊娠便秘解消法=処方薬以外にもある!簡単に自分で出来る解消法とは

妊娠便秘の解消法って難しいですよね。市販の便秘薬には頼れないし、スポーツとかもできません。

病院でマグネシウム系便秘薬を処方されたけど、効果がいまいち・・・なんてことも良くありますよね。

なので、妊娠していても、簡単に自分で出来る妊娠便秘解消法を紹介します。

まずは、なんで妊娠便秘になってしまうのか、見てみましょう。

妊娠便秘の原因

妊娠している、してないに関係なく、そもそも女性は男性に比べ、便秘になりやすいです。

それは、腸が急カーブになりやすいからです。その原因は、腸の収まるスペースが狭いことです。

男性に比べ、女性は小柄です。さらに子宮などが、お腹の中にあります。

妊娠して、お腹が大きくなると、さらに腸の収まるスペースは狭く、腸は急カーブに折れ曲がります。

なので、マグネシウム系便秘薬で、便が軟らかく出しやすい状態に変わっても、便秘が解消されないことが多いです。

妊娠便秘の解消法

妊娠中に便秘になったと病院で伝えると、マグネシウム系便秘薬を処方されることが多いです。その効果は、便を軟らかく出しやすい状態に変えることです。

でも、これだけでは、腸が急カーブしている妊娠便秘は解消しないことが多いです。

そこで、重要なのが、腸を動かすことです。

腸を動かす

腸が、食べた物、便を肛門の方へ送る運動を蠕動運動(ぜんどううんどう)と言います。

この蠕動運動を活発にすることが、妊娠便秘の解消法です。

「 妊娠してるんだから、スポーツやヨガはできないよ 」

やらなくて大丈夫です。むしろ危険なので、やらないでくださいね。

スポーツやヨガをやらずに、妊娠していてもできる解消法があるんです。

食物繊維を取る

食物繊維というと、マグネシウム系便秘薬と同じで、便を出しやすい状態に変える効果のイメージですよね。

でも、それだけではありません。

腸の中を転がって刺激することで腸の蠕動運動を活発にしてくれる効果もあるんです。

「 食物繊維を摂取したら、便秘が悪くなったって話を聞いたけど・・・」

それは、食物繊維の摂取方法を間違えているからです。

食物繊維の正しい摂取方法を守れば大丈夫ですよ。

参考記事:水溶性食物繊維で便秘解消=取り方を間違うと危険?正しい取り方とは

乳酸菌・ビフィズス菌を増やす

乳酸菌・ビフィズス菌を摂取することで、腸内環境を良くする事も、実は腸を動かすことに繋がっているんです。

乳酸菌・ビフィズス菌は、乳酸や酢酸を作る働きをします。この働きによって、腸内を弱酸性に変えて行きます。

弱酸性になった腸は、蠕動運動が活発になる特徴があるんです。

「 ヨーグルトを食べても、私は効果なかったし・・・」

ヨーグルトでは、効果がなかなか出ない人もいます。そういう人は、この方法を試してみてくださいね。

参考記事:乳酸菌のおすすめの種類と摂取する方法を全て紹介します

妊娠便秘の解消法は簡単で誰でもできる

妊娠便秘になるのは、仕方ないことです。それは、腸が収まるスペースが狭くなり、腸が急カーブしてしまうからです。

この状態では、いくらマグネシウム系便秘薬で、出しやすい便に変えても、出てこないことが多いです。

なので、腸を動かすことが解消法になります。

スポーツやヨガをしなくても、食物繊維・乳酸菌・ビフィズス菌を摂取することで、腸を活発に動かすことができます。

妊娠便秘を解消して、いらないストレスを溜めずに、元気に出産の日を迎えてくださいね。

応援してます。

ちなみに、出産後、授乳中も便秘になりやすいです。基本的には、妊娠中と同じ対策でOKです。こちらに、まとめてあります。

詳細記事:授乳中の便秘薬に頼れない時でも出来る!あれを飲むだけ便秘対策とは