シェアする

乳酸菌と酵母の違い=生産物質の働きの違いと活用すべき関係とは

乳酸菌と酵母の共生関係図
乳酸菌と酵母の共生関係図

乳酸菌と酵母の違いは、とてもわかりやすいです。生物学においても全く違う菌で、乳酸菌は原核生物で、酵母は真核生物です。

「 知りたいのは生物学的な違いじゃなくて、その効果の違いが知りたいの! 」

こんな声が聞こえてきそうですね。なので、しっかり調べてきましたよ。

乳酸菌と酵母の効果や働きの違い

乳酸菌と酵母は生物学的にも原核生物、真核生物という全く違う菌です。なので効果と働きも違います。

でも、乳酸菌と酵母は意外な関係で結ばれているんですよ。

乳酸菌の効果と働き

乳酸菌の期待したい働きは、生産物質を作り出すことです。乳酸菌が作り出す生産物質は、乳酸です。

乳酸の効果は、腸内環境を改善するのにとても役立ちます。乳酸は、名前の通り、酸性です。なんと、悪玉菌が嫌って、善玉菌が好む環境は、弱酸性なんですよ。

なので、腸のトラブルには、乳酸菌が入っているヨーグルトを食べるという話になるんです。

関連記事:乳酸菌の便秘以外にも役立つ意外な働きとは

酵母の効果と働き

酵母も乳酸菌と同じで期待したい働きは、生産物質を作り出すことです。酵母の作り出した生産物質は、乳酸菌をサポートします。

乳酸菌がより活発に活動をして、乳酸を作って腸内環境を良くして行くんです。

乳酸菌と酵母の違いまとめ

乳酸菌と酵母は違う菌ですが、その期待する働きは同じです。それは、腸内で生産物質を作ることです。でも、生産物質の効果が違います。

乳酸菌の生産物質は、腸内環境を良くします。酵母の生産物質は、乳酸菌をサポートします。

乳酸菌と酵母の違いより知りたい共生関係

乳酸菌と酵母の違いは、その生産物質の働きの違いでした。

乳酸菌は、腸内環境を良くします。酵母は、乳酸菌のサポートをします。これだと、乳酸菌は酵母に依存しているだけで共生はしていないですよね。

実は、共生しているんです。乳酸菌の生産物質も、酵母をサポートしているんですよ。

なので、一緒に取れれば最高の効果を出してくれます。

そこで、オススメなのが、ケフィアヨーグルトです。カスピ海ヨーグルトと同じ地域に伝わるヨーグルトです。

その1番の特徴は、酵母も入っているヨーグルトなんです。

日本にも、いくつかケフィアヨーグルトが入ってきています。

その中でも1番のオススメなのが、

手作りケフィアヨーグルトセット
ロイヤルケフィアプロです。

5種類の乳酸菌とビフィズス菌、そして酵母が入っています。

続き → ロイヤルケフィアプロの効果