シェアする

乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維の効果=自分に合う便秘解消法の見つけ方

乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維というと、便秘解消の鉄板です。でも、腸内では、どんな働きをしているのでしょうか?

効果を知らないと、自分に合った便秘解消方法なのかもわかりません。なので、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維の順番で、1つずつ見ていきましょう。

実際に、それぞれを利用するときの注意点も紹介します。

乳酸菌の効果

乳酸菌は、乳酸を作ります。乳酸は、酸性なので、腸内が弱酸性になります。

乳酸の腸内を弱酸性にするメリット

腸内が弱酸性になると、こんな良いことが起こります。

腸の運動が活発になる

腸内が弱酸性になると、腸が便を送り出す運動である蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になります。

蠕動運動は、ストレスなどによって、弱くなってしまいます。旅行に行くと、便秘になるのも環境変化によるストレスが原因です。

善玉菌が元気になり、悪玉菌が弱る。

弱酸性が好きなのは、善玉菌です。元気に活動してくれます。逆に悪玉菌は、弱酸性が嫌いです。弱って、活動が鈍くなります。

乳酸菌を利用するときの注意点

乳酸菌を取ると腸内は、善玉菌が元気に活動できる環境に変わります。

なのに、「 毎日、ヨーグルト食べて、乳酸菌を取ってるのに、効果が出ないんだけど・・・」と言う人がいます。

それには、ちゃんと理由があります。

参照記事:乳酸菌は効果なし?効果が出ない理由と、その簡単な解決方法とは

オリゴ糖の効果

オリゴ糖の効果は、腸内に届くと、乳酸菌などの善玉菌のエサになります。エサがあると、善玉菌はどんどん増殖していきます。

オリゴ糖でなきゃいけない理由

「 オリゴ糖じゃなくて、普通の砂糖じゃダメなの? 」

オリゴ糖でなきゃダメなんです。それは、普通の砂糖では、人が栄養として吸収してしまうからです。

オリゴ糖は、糖の大きな塊です。分解しないと、人は吸収できません。なので、人に吸収されないまま、腸にいる善玉菌のところまで届くんですよ。

オリゴ糖のさらなるメリット

オリゴ糖は、母乳の成分です。とても安心で優しいものなんですよ。

そして、人では吸収しずらいので、低カロリーでもあります。

オリゴ糖を利用するときの注意点

オリゴ糖は、直接、便秘に影響を与えていません。腸内環境を良くする善玉菌のエサです。

なので、オリゴ糖だけを食べるのではなく、善玉菌も一緒に食べることが効果的です。

参照記事:オリゴ糖で便秘解消=オリゴ糖と必ず一緒に取るべきものとは

食物繊維

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられます。どちらも便秘解消させる効果があります。

効果別に、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の働きを見ていきます。

腸の運動を活発にする

主に、不溶性食物繊維の働きです。

腸を直接、刺激して、腸が便を送り出す運動である蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にします。

出しやすい便の元になる

水溶性食物繊維は、水分を吸収して、軟らかい便の元になります。逆に不溶性食物繊維は、硬い便の元になります。

便秘のときは、硬い便が多いので、軟らかくする水溶性食物繊維が効果的です。

善玉菌のエサになる

主に、水溶性食物繊維の働きです。

食物繊維は、食べても、他の食べた物と一緒にそのまま外に出て行くイメージです。でも、消化分解される物もいます。

消化分解されると、オリゴ糖の1種であるフラクトオリゴ糖に変わります。フラクトオリゴ糖も、善玉菌のエサになるんですよ。

食物繊維を利用するときの注意点

食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

便秘には、水溶性食物繊維が良いです。

テレビや雑誌でも、「 ○○には、水溶性食物繊維がたっぷり 」などのことが出ています。

でも、その「○○」を食べるときに、注意点を知らないと、便秘が悪化してしまうことがあるんです。

参照記事:水溶性食物繊維で便秘解消=取り方を間違うと危険?正しい取り方とは

乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維は便秘解消の味方

乳酸菌もオリゴ糖も食物繊維も、便秘解消の味方です。

でも、ちゃんと便秘解消のために働いてくれないと困ります。

なので、注意点にはしっかり気をつけたいです。

乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維の良さを活かして、毎日をスッキリな生活にしていきましょう。