シェアする

乳酸菌は善玉菌?生きて届ける意味とは?善玉菌の餌?乳酸菌のQ&A

もも学校の先生Ver.
もも学校の先生Ver.

乳酸菌は善玉菌?生きて届ける意味ってあるの?善玉菌の餌なの?などのご質問を多くの方からいただきました。意外にまとめているサイトがないのかなと思って、今回は乳酸菌Q&Aとしてよく聞かれるご質問にまとめて答えていきますよ。

乳酸菌のQ&A

乳酸菌は善玉菌なの?

Q:「乳酸菌は善玉菌なの?」「善玉菌は乳酸菌なの?」

A:乳酸菌は善玉菌の1種です。他にはビフィズス菌も善玉菌の1種です。また、乳酸菌とビフィズス菌が仲間であるとする分類の仕方もあります。

乳酸菌もビフィズス菌も自身と他の善玉菌が過ごしやすい腸内環境である弱酸性に変える働きをします。

乳酸菌を生きて届ける意味って何?

Q:「乳酸菌は生きて届けると何が良いの?」「乳酸菌は生きて届けないと効果がないの?」

A:乳酸菌が腸内環境を良くすると言われています。それは腸内で乳酸を作るからです。乳酸によって善玉菌が好み、悪玉菌が嫌う弱酸性に腸内環境を変えます。

なので乳酸菌には、腸まで生きて行って乳酸を作ってもらうのが効果的です。

また、胃酸などによって死滅した乳酸菌にも効果はあります。腸内に住んでいる善玉菌のエサ・栄養になることが出来ます。

つまり乳酸菌は死滅しても効果はある。だけど、生きて腸まで届いた方が効果が期待できると言うことです。

乳酸菌は善玉菌の餌なの?

Q:「乳酸菌は善玉菌の餌なの?」

A:乳酸菌は善玉菌の1種です。でも死んでしまった乳酸菌は、他の乳酸菌を含む善玉菌の餌になります。

新しく乳酸菌を摂取する意味あるの?

「もうすでに腸内にいるんだから新しく摂取するよりも育てたら?」

「腸内の悪玉菌と善玉菌の比率が決まっているから善玉菌がいる数には限界があるという話を聞いたことあるんだけど、新しく摂取する意味あるの?」

有包子性乳酸菌って何?

Q:「最近、有胞子性乳酸菌って言うのを見かけるけど普通のと何が違うの?」

A:乳酸菌は生きたまま腸に届けることが効果的です。でも胃酸などに弱く死滅してしまうリスクが高いんです。そこで腸まで守ってあげる必要があります。

有胞子性乳酸菌は生きたまま腸に届けるために、乳酸菌を守る方法の1つです。

植物の胞子のように堅い殻の中に乳酸菌を入れます。この殻は温度やpHなどの一定の条件を満たすと開く仕組みになっています。

なので、届けたい場所に届いてから乳酸菌が活動するようにすることもできるんですよ。

ちなみに有胞子性乳酸菌以外のサプリメントなどでは、カプセルや錠剤する方法で守っているものもあります。

最後に

たくさんのご質問ありがとうございました。またいくつか集まったら答えて行きますね。

ちなみに、すでに答えをこのサイトで記事にしていることもあります。

なので、お急ぎのときはサイト内検索(パソコンの人は右の縦長のバーの中にあります)も使ってみてくださいね。思いのほか優秀で私も思い出せないときに使ってますw

これからもよろしくお願いします☆

コメント

  1. p253695 より:

    Wow! After all I got a webpage from where I be able to genuinely take helpful data regarding my
    study and knowledge.

    • momo より:

      Thank you very much. It was nice to be useful. Please come back to read it.