シェアする

乳酸菌の働きと効果=便秘解消と最も強く関係する2つの効果が鍵

乳酸菌の力強い2つ効果イメージ
乳酸菌の力強い2つ効果イメージ

乳酸菌の働きと効果=便秘解消と最も強く関係するのは2つの効果が鍵

乳酸菌の働きと効果は便秘解消と切っても切れません。それは乳酸菌が善玉菌の1種だからです。

乳酸菌以外の便秘解消に役立つものと言えば、ビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維です。

ビフィズス菌は乳酸菌の1種、または仲間と分類されることが多いです。

オリゴ糖は乳酸菌を始めとした善玉菌の栄養です。

食物繊維は便の状態を変える効果が目立っています。でも実は腸内でオリゴ糖の1種に変わる効果にも期待しているんです。

それほど便秘解消と乳酸菌は切っても切れないほど関係が強いんです。

乳酸菌の働き

乳酸菌は腸内環境を弱酸性に変える働きがあります。それは腸内で乳酸を作るからです。乳酸菌発酵された食べ物って酸味がありますよね。ヨーグルトや漬物などが良い例です。あれと同じことがお腹の中でも行われているんですよ。

乳酸菌の働き「乳酸を作る」ことによる効果

乳酸菌の働きで乳酸が作られます。そうすると腸内環境は弱酸性に変わります。弱酸性の腸は2つ便秘解消に近づく良いことが起きるんです。

善玉菌が増えて、悪玉菌が減る

腸内環境が弱酸性になると、善玉菌が活躍しやすくなります。逆に悪玉菌は活躍しにくくなるんですよ。

腸が活発に運動を始める

さらに、腸内環境が弱酸性になると腸まで動き出すんです。腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)という、お腹に入ってきた物を肛門へ送る運動をしています。この運動が弱っているから便秘になる人もいます。旅行に行くと便秘になる人はこれが原因です。環境が大きく変わったストレスから腸の運動が鈍くなるんです。

乳酸菌の働きと効果で便秘解消へ

乳酸菌の働きと効果は便秘解消にとても役立ってくれます。でも複雑なことはしていません。乳酸を作って腸内環境を弱酸性に変えているだけなんです。でも、それがとても大きく良いことを2つ起こします。

腸内環境が弱酸性になると、善玉菌は元気に活動しだします。逆に悪玉菌は活動が鈍りだします。結果として、善玉菌が増えて、悪玉菌が減って行くんですよ。

そして、腸が活発に運動を始めます。もともと腸は食べた物を肛門に送る運動をしています。でも便秘になると、この運動が鈍ってしまっているんです。それが腸内環境が弱酸性に変わるだけで活発に運動を始めます。

便利な世の中になって、便秘薬やそれに近い効果がある飲み物も簡単に手に入るようになりました。でも本来は必要ないものですよね?むしろ体に悪い物ですよね?

やっぱり健康的に体のトラブル解決したいじゃないですか。

乳酸菌はそんな普通の希望を叶えてくれる菌です。

乳酸菌の力を借りて、健康的に元気に毎日を過ごしてくださいね。

タグ:「乳酸菌」一覧