シェアする

乳酸菌タブレットの選び方=サプリとは違うならではの条件がポイント

複数のタブレット
複数のタブレット

乳酸菌タブレットの種類はたくさんありますよね。どれを選んだら良いのか本当に迷ってしまいます。だからこそ選び方、選ぶ基準がとても大切です。

もし考えなしで錠剤やカプセルを呑む乳酸菌サプリメントと同じ条件で探すと買ってから「買わなきゃよかった」と後悔することもあります。なので、乳酸菌タブレット特有のならではと言える条件で選ぶ必要があるんですよ。

乳酸菌タブレットの選び方はサプリとは違う特有のならではな条件がポイント

乳酸菌タブレット特有の気になること

乳酸菌タブレットと乳酸菌サプリメントの一番の違いって何だと思いますか?

当たり前ですが、噛んで食べることができることです。

甘いお菓子や飴のイメージです。水なしでどこでも利用できるので本当に便利です。アメリカでサプリメントというと、タブレットやグミのようなものが主流になってきているそうです。

でも、乳酸菌タブレットだと乳酸菌サプリメントと違って気になることがありますよね。

そう虫歯です。

飲み込むのではなく、噛んで食べるものだからこそ本当に気になります。奥歯の凹みにピッタリはまっていたり、飴タイプだとずっと口の中が甘ったるかったりします。便秘解消してお腹が痛くなくなっても、歯が痛くなっては大問題です。

そうは言っても、タブレットを食べるたびに歯磨きはしていられませんよね。手軽にどこでも水なしで利用できる良さがなくなってしまいます。

乳酸菌タブレットで虫歯にならないために

乳酸菌タブレットは乳酸菌サプリメントと違って、噛んで食べるので虫歯が気になります。でも簡単に解決できる条件があるんです。それは、むしろ虫歯予防にもなるキシリトールが使われている乳酸菌タブレットを探すことです。

キシリトールはローカロリーです。なので、嬉しいことに太る心配もありません。

なので、キシリトールが使われている乳酸菌タブレットをいろいろ探し回りました。

その中でも特に良かったのが、

☆☆善玉ガード☆☆
です。

善玉ガードはもともと子ども向けに作られた乳酸菌タブレットです。なので虫歯のこともちゃんと考えて作られています。子ども向けの方が安全性が高く作られているのが良いところですよね。

その他の善玉ガードの効果や特徴をまとめた記事も書きましたので読んでみてくださいね。

まとめ記事:善玉ガードの効果と特徴まとめ

乳酸菌タブレットを利用して「飲み忘れてた!」なんてことがなく、便秘解消させて行ってくださいね。