シェアする

オーガニックフルーツ青汁の効果・特徴まとめ(ホット青汁)

オーガニックフルーツ青汁
オーガニックフルーツ青汁

オーガニックフルーツ青汁の効果や特徴を紹介します。もともとは便秘ではなくダイエット向けの青汁です。でも腸の外に出す働き、蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする効果があります。なので便秘にもとても役立つ青汁です。

オーガニックフルーツ青汁の効果・特徴

オーガニックフルーツ青汁はホット青汁

オーガニックフルーツ青汁はホット青汁です。ホットなので、体を温めてくれます。

「 体を温めてどうするの? 何か関係あるの? 」

それが、大ありなんですよ。

体温と腸の蠕動運動の関係

体温は、大きく2種類に分かれます。

まず、体表面温です。皮膚温、外殻温度とも呼ばれます。体表面温は体の表面近くの温度です。簡単に体外の温度によって変化します。暑い、寒い、熱い、冷たいなど、敏感です。

そして、腸の外に出そうとする働き、蠕動運動と関係しているのは、体の中心近くの体温、深部体温です。深部体温が低温だと、いろいろな体の働きが悪くなります。特にわかりやすいのが、腸の働き、蠕動運動なんです。深部体温が低温で、腸の蠕動運動が悪いと便秘が悪化して、どんどん溜まってしまいます。

なのに、女性低温になりがちです。男性に比べて、熱を作り出す筋肉が少ないからです。深部体温は変化しづらいので、冬はもちろん、夏も冷房に当たる毎日を続けると、常に低温になっている人もいます。ちょっと外で暑い思いをするぐらいでは、深部体温はあがりません。

オーガニックフルーツ青汁で深部体温を上げる

オーガニックフルーツ青汁は、ホット青汁です。

深部体温が特に下がっていやすい朝でも、朝食と一緒に飲むことで、深部体温を上げることができます。深部体温をしっかり上げて、腸の外に出す働き、蠕動運動を活発にしましょう。

オーガニックフルーツ青汁の食物繊維

オーガニックフルーツ青汁は、食物繊維が豊富です。食物繊維は、便秘に効果的です。それは、便を絡め取って、出しやすい状態に変えるだけじゃないんですよ。

食物繊維の効果

食物繊維の効果というと「便を絡め取って、出しやすい状態に変える」イメージが強いです。でも、腸を刺激して、腸の外に出そうとする働き、蠕動運動を活発にする効果もあります。

さらに、分解されることで、善玉菌の栄養にもなるんですよ。

でも、1つ落とし穴があります。それは、バランスです。

2種類の食物繊維のバランス

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分けられます。

水溶性食物繊維は、便を軟らかく出しやすい状態に変えます。

不溶性食物繊維は、硬い便に変えてしまうんです。

なので、バランスが悪いと、便秘がさらに悪くなります。理想は水溶性食物繊維を1とすると、不溶性食物繊維を2までにすることです。

でも、水溶性食物繊維って、なかなか取り難いんです。ついつい気づくと、水溶性1に対して、不溶性が3や4になってしまうこともあります。

オーガニックフルーツ青汁は、簡単に理想のバランスに出来るんですよ。

ちゃんと水溶性1 に対して、不溶性2の比率になるように作られているんです。

オーガニックフルーツ青汁の善玉菌育成効果

オーガニックフルーツ青汁には、乳酸菌生産物も豊富に入っています。これによって、腸の善玉菌に栄養が届くんです。栄養をもらった善玉菌は、活発に活動して、増殖して行きます。

どんどん腸内環境が良くなって行くんですよ。

オーガニックフルーツ青汁の美味しいのか?

美味しさって、本当に重要ですよね。不味かったら、毎日飲めないです。

実際どうなのかというと、青汁の野菜の青臭さはゼロではありません。でも、フルーツの香りの方が強いので、気になりづらいです。

もちろん、個人差はあります。でも、「こんな不味い物、飲めない」と思う人は少ないと思います。

オーガニックフルーツ青汁で活発な腸にして便秘解消

腸の外に出す働き、蠕動運動を活発にするため、オーガニックフルーツ青汁は、ホット青汁です。

さらに、食物繊維の働きもあります。便を絡め取るだけではなく、腸を活発にする効果もあります。

そして、乳酸菌生産物によって、善玉菌が育って、腸内環境を良くしてくれます。

オーガニックフルーツ青汁で、安心で安全な便秘解消をしていきましょう。

【オーガニックフルーツ青汁】