シェアする

オリゴ糖で便秘解消=オリゴ糖と必ず一緒に取るべきものとは

オリゴ糖プラス
オリゴ糖プラス

オリゴ糖で便秘解消するために一緒に取るべきもの

オリゴ糖は便秘解消を後押ししてくれます。

でも、オリゴ糖だけでは駄目です。

便秘解消と言われて思いつく、あれと一緒に取ることが重要なんです。

そうしないと、せっかく食べたオリゴ糖が、ただ体を通過して出て行くだけになってしまいます。

オリゴ糖の働きと必ず一緒に取るべきもの

まず、腸内でオリゴ糖は何をしているのでしょうか?

それは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサ です。

善玉菌が元気に活動できるようにしてくれます。

ここで、1つ問題があります。

エサであるオリゴ糖を食べる善玉菌が少なかったらどうなるでしょうか?

答えは、ただ体の中を通って出て行くだけです。

それでは、意味ないですよね。

でも、腸内環境が悪くなるって、善玉菌が悪玉菌よりも少ないってことなんです。

腸内環境が悪いときに、エサになるオリゴ糖を与えても効果には限界があります。

つまり、エサになるオリゴ糖を食べても、結局は肝心の善玉菌が少ないと効果が薄いんです。

なので、善玉菌も一緒に取ることが重要です。

そこで、善玉菌の1種で、取りやすく、効果が特に期待できる善玉菌も取りましょう。

それは乳酸菌です。

「 乳酸菌ならヨーグルトでしょ?オリゴ糖をヨーグルトに入れて食べてるからOKでしょ? 」

それが実は、OKじゃないんですよ。

ヨーグルトにオリゴ糖を入れるのがOKじゃない理由とは

ヨーグルトにオリゴ糖を入れると、乳酸菌とエサが同時にとれて良さそうに見えます。

でも、ヨーグルトの乳酸菌は、ほとんど胃酸で死滅してしまいます。

「 でも、ヨーグルトって昔から便秘解消効果があるって言われてるよね? 」

それは、ヨーグルトの死滅した乳酸菌も、腸内で生きている善玉菌のエサになるからです。

なので、オリゴ糖と死滅した乳酸菌では、どちらも善玉菌のエサでしかないんです。

やっぱり、生きている乳酸菌(善玉菌)が必要なんです。

そこに、エサになるオリゴ糖を腸に届ければ効果が大きくアップします。

オリゴ糖で便秘解消するために一緒に生きた乳酸菌も腸に届ける方法

食後にヨーグルトを食べると、食前よりもヨーグルトと胃酸が混ざり難いとも言われています。ただ、どれくらい効果があるのかは不明です。

ちゃんと効果が出たほうが嬉しいですよね。

なので、より確実な方法があります。

それは、

どっさんこ オリゴ便
を利用することです。

乳酸菌を生きたまま届けることができて、オリゴ糖も含まれ、さらに食物繊維も取れるんです。

そして、もっと知ってほしい特徴があります。

続き → どっさんこオリゴ便の特徴とは(内部リンク)