シェアする

サプリメントの選び方=乳酸菌とビフィズス菌は弱点を補うのがポイント

菌とサプリ
菌とサプリ

サプリメントの選び方の第3回目は乳酸菌とビフィズス菌のサプリメントの選び方です。今回も乳酸菌とビフィズス菌の役立つ効果や特徴、弱点などの基本から見直します。

そして最後にこの特徴と弱点を補うサプリメントの選び方のポイントを解明しますよ。

サプリメントの選び方=乳酸菌とビフィズス菌は弱点を補うのがポイント

乳酸菌とビフィズス菌の便秘解消に役立つ効果

乳酸菌とビフィズス菌をお腹に入れると、腸内環境が良くなって便秘が解消するとよく聞きます。

それは乳酸菌とビフィズス菌が乳酸を作り出すからです。乳酸は名前の通り”酸”の一種です。腸内を弱酸性に変えます。

弱酸性になると腸の中の善玉菌が元気なり、悪玉菌が弱っていくんですよ。

さらに腸も元気に動き出します。腸内が弱酸性になることで、腸が食べた物や便を肛門の方に運ぶ蠕動運動が活発になるんです。

ビフィズス菌だけが作り出す酢酸

ビフィズス菌は乳酸と一緒に酢酸も作ります。お酢の酸っぱい成分でもある酢酸は腸内にいる悪玉菌の働きをとても邪魔します。食中毒で有名になった病原性大腸菌O-157も酢酸は苦手と言う研究結果もあるくらいです。

酢酸はとても効果的ですが、お酢を飲んでもダメなんですよ。お酢を飲んでも消化吸収してしまうので、大腸までは届かないんです。

なのでビフィズス菌に腸内で作ってもらうのが良いんです。

乳酸菌とビフィズス菌の弱点

乳酸菌もビフィズス菌も腸内環境を変えて便秘解消するのにとても役立ってくれます。でも弱点もあるんです。それは3つあります。

乳酸菌とビフィズス菌の住む場所の違い

ビフィズス菌の方が酢酸も作るので効果的な感じがします。でもビフィズス菌は酸素が苦手なんです。なので酸素が少ない大腸にしか住み着けません。

でも乳酸菌は酸素があっても元気なので小腸にも大腸にも住んでします。

なので乳酸菌とビフィズス菌は両方、お腹に入れた方が効果的なんですよ。

乳酸菌もビフィズス菌も胃酸に弱い

乳酸菌とビフィズス菌には腸の中で乳酸と酢酸を作ってほしいので、生きたまま腸に届けることが大切です。

でも乳酸菌もビフィズス菌もそのまま食べたら、ほとんど死滅してしまいます。それは胃酸にとても弱いからです。

なので胃酸に負けない種類の強い種類の菌だったり、胃酸に触れないように守るカプセルや有胞子性と呼ばれる植物の胞子のような堅い殻に入れて守る必要があるんですよ。

合わない乳酸菌とビフィズス菌は効果が薄い

人それぞれにどの種類の乳酸菌やビフィズス菌が合うのか、合わないのかがあります。これは同じ人でも年齢や体質の変化によって変わっていくんです。

合わない種類の乳酸菌やビフィズス菌では、腸に住み着くことなく通り過ぎて出て行ってしまいます。

1番効果的なのは、自分に合った乳酸菌とビフィズス菌をお腹に入れることなんですよ。そのためには、1度にたくさんの種類の乳酸菌とビフィズス菌を一緒にお腹に入れるのが楽なんですよ。

こうすれば、どれかが自分に合えばOKですし、例え年齢や体質が変わっても別の種類の菌が合うことがあるからです。

「飲み始めた頃は、効果があったのにな~」が起こりにくいんです。

乳酸菌とビフィズス菌サプリメントの選び方のポイント

乳酸菌とビフィズス菌をお腹にちゃんと届けるならサプリメントが良いです。それは乳酸菌とビフィズス菌の特徴と弱点を補ってくれるからです。

逆に言えば、乳酸菌とビフィズス菌のサプリメントの選び方は、乳酸菌とビフィズス菌の特徴と弱点を補っているものじゃないといけません。そうしないと期待していた効果が見られずに買ったことを後悔しかねないからです。

つまり、

・乳酸菌とビフィズス菌が両方入っている

・胃酸から守って生きたまま腸に届けられる

・菌の種類が多い

・菌の種類が人に合いやすい

という4つのポイントがサプリメントの選び方として、とても大切です。

なので探してあるんですよ。この4つのポイントをしっかり押さえてあるサプリメントを。

それが

☆☆女神フローラ☆☆
です。

結構、探すの大変だったんですが、とても良いサプリメントを見つけられたと思っています。詳しくまとめた記事も書いてあるので、読んでみてくださいね。

まとめ記事:女神フローラの効果・特徴まとめ

サプリメントの選び方のポイントをしっかり押さえたのを選んで、乳酸菌とビフィズス菌を効果的にお腹に届けてくださいね。便秘のことを忘れてしまうようなスッキリした生活に導いてくれるはずです。