シェアする

サプリの形状・取り方の違いによるメリット・デメリット

本棚で分類しているイメージ
本棚

サプリの形状・取り方のメリット・デメリット

サプリには形状・取り方によるメリット・デメリットがあります。

このサイトでは、サプリの形状・取り方はこのように分けます。

錠剤やカプセルなどの丸呑みにするもの、

タブレットの食べたり、舐めたりするもの、

粉末・顆粒で水などに溶かしたり、直接食べるもの

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

錠剤・カプセルのメリット・デメリット

メリット

・飲み物で飲み込むだけで済む

・携帯しやすい

・乳酸菌などの胃酸に弱い菌を守れる

・種類が豊富である

デメリット

・飲み込むのが苦手な方は苦痛

・喉に残った感じが残ることがある

錠剤・カプセルで作られているサプリメントが圧倒的に多いです。

特に便秘解消の場合は、胃酸から菌を守り、

生きたまま腸に届ける工夫をしているものが多いです。

選択肢が減るデメリットもありますが、飲み込むのが苦手なら、無理しないでくださいね。

タブレットのメリット・デメリット

メリット

・お菓子のように利用できる

・錠剤やカプセルのように、飲み込むのが苦手な人も利用しやすい

水を必要としないため、どこでも利用できる

デメリット

・商品数が少ない

・乳酸菌に関係するものはヨーグルト味が多い

・商品によっては虫歯やカロリーを気にしなくてはいけない

利用しやすいメリットが多いです。

でも、錠剤やカプセルに比べて、絶対的に商品数が少ないのが残念です。

その他のデメリットは、あまり気にしなくてもOKです。

それは、ヨーグルト味でないものもあります。

それに最近は、キシリトールなどの虫歯になりにくい商品や、カロリーも押さえてある商品も増えているからです。

粉末・顆粒のメリット・デメリット

メリット

飲み物や食べ物に溶かすタイプは楽に取ることができる

・そのまま食べるタイプは水を必要としない

デメリット

・撒き散らすリスクがある

・そのまま食べるタイプだと咳き込むことがある

・乳酸菌に関係するものはヨーグルト味が多い

商品によって、飲み物や料理に溶かして取るタイプとそのまま食べるタイプがあります。

どちらも取りやすいです。

でも、粉ならではの撒き散らしたり、咳き込んだりするリスクがあります。

また、乳酸菌に関係するものは、ヨーグルト味が多いんですよね。

別の味の商品もあるのでそれほど気にしなくてOKです。

まとめ

このサイトでは、商品の紹介をするときは、それぞれの形状・取り方別に分類してあります。

それぞれのメリット・デメリットを読んで、自分に合ったものから探してみてください。

タグ:「サプリ(錠剤・カプセル)」一覧

タグ:「タブレット」一覧

タグ:「粉末・顆粒」一覧