シェアする

腸内環境整えるとは?腸内菌の6割に良い働きをさせる2割の攻防とは

腸内環境整えるってよく聞くし、このサイトでもとても大切だと伝えてきました。でも、そもそも腸内環境とは何でしょうか?整えるとどうなるのでしょうか?

このことを知っているのと知らないのでは、便秘解消までの道のりが全然違ってきます。なので、正しい腸内環境のこと、そして整えるとはどういうことなのか、簡単にわかるようにまとめました。

腸内環境整えるって何を整えるの?

まず、腸内環境整えるって何を整えることなんでしょうか?

それは腸内のPhなんですよ。アルカリ性なのか、酸性なのかを表すPhです。

腸内環境が悪いと弱アルカリ性になっています。そうすると腸が肛門の方へ便を送る蠕動運動が弱っていくんです。

反対に弱酸性になると蠕動運動は活発になります。

さらに病気や食中毒にするような悪い菌は、弱酸性に弱い菌が多いのも見逃せません。

なので、腸内環境を弱酸性に整えるのが便秘解消への第1歩なんですよ。

腸内環境を弱酸性に整える菌と弱アルカリ性にする菌

腸内環境を整えるとは、腸内を弱酸性にすることです。では、どうして腸内が弱酸性になったり、弱アルカリ性になったりするんでしょうか?

それは、腸内菌の働きなんです。腸内菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられます。

善玉菌が弱酸性にしてくれる菌です。逆に悪玉菌が弱アルカリ性にしてしまいます。

そして、日和見菌は善玉菌と悪玉菌を比べたときに、多い方の味方をして、多い方と同じ働きをします。

なので理想のバランスは、善玉菌が2割以上、悪玉菌が2割以下、日和見菌が6割前後なんです。

つまり、極論ですが、腸内の8割が良い菌として働くのか、腸内の8割が悪い菌として働くのかは、それぞれ約2割の善玉菌と悪玉菌の多さによって決まります

腸内環境整えて便秘解消していく方法

腸内環境整えるためには、善玉菌を悪玉菌よりも増やす必要があります。なので、善玉菌の仲間である乳酸菌・ビフィズス菌をお腹に入れることが効果的なんです。

でも、ただ乳酸菌・ビフィズス菌をお腹に入れてもダメなんです。自分に合う種類の乳酸菌・ビフィズス菌じゃないとダメなんですよ。

腸内を弱酸性に変えるには、時間がかかります。なのに、自分に合う種類の乳酸菌・ビフィズス菌じゃないと腸に住み着けずに出て行ってしまうんです。

なので、ちゃんと腸に長く住み着いてくれる自分に合う種類の乳酸菌・ビフィズス菌をお腹に入れてくださいね。

「でも、自分に合う乳酸菌とビフィズス菌の種類なんて知らないよ」

そうですよね。ちなみに私も知りません。

でも、自分に合う乳酸菌・ビフィズス菌を簡単に見つける方法は知っています。
それは、

☆☆女神フローラ☆☆
を飲むことなんですよ。

ちょっとビックリな理由と方法なので、読んで驚いたり、笑ったりしないでくださいね。

詳細記事:女神フローラが「自分に合う乳酸菌」を見つけるのにピッタリな理由

腸内環境を整えることのまとめ

腸内環境を整えるとは、腸内のPhを弱酸性に整えることです。そのためには、腸内の善玉菌が悪玉菌よりも多くなることが必要です。

そうすると日和見菌が善玉菌に味方するので、腸内にいる菌の約8割が便秘解消に役立つことをしてくれるんですよ。

そのためには善玉菌の仲間である乳酸菌・ビフィズス菌を摂取するのが効果的なんです。それも自分に合う種類の乳酸菌・ビフィズス菌なのがポイントです。

自分に合う乳酸菌・ビフィズス菌を簡単に見つけるには

☆☆女神フローラ☆☆
を飲む方法があります。これは、ちょっとビックリな方法なんですよ。

腸内環境を整えて健康的な便秘解消に向かって行きましょうね。