シェアする

腸内フローラとは?NHKでも紹介されるほど注目されている理由とは

腸内フローラとは何でしょう?NHKでも紹介されるくらい注目されている腸内フローラですが、意外にちゃんとは知らないですよね。

なので、腸内フローラが何なのか、そして便秘とどのように関係しているのか、まとめたので見て行きましょう。

腸内フローラとは

腸内フローラとは何でしょう?文字通り腸内に花畑があるんでしょうか?

実は、花畑に見えるものが腸内にあるんですよ。それは、腸内にいる菌たちなんです。

「え!?腸内の菌ってふわふわ漂って浮いてるんじゃないの?」

イメージ的にはそうですよね。

でも、腸内にいる菌たちの本当の姿は、同じ種類、仲の良い種類同士でまとまって腸にくっついているんです。

このまとまってくっついている姿を顕微鏡で覗くと、フローラ(花畑)のように見えます。なので、腸内で見える花畑と言うことから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

なので、腸内フローラ=腸内環境というイメージでOKなんですよ。

ただ、見た目が綺麗な花畑のようでも、それが悪玉菌ばっかりだったらどうでしょうか?

良い腸内フローラではないですよね。なので、見た目ではなく、善玉菌の腸内フローラを増やしていきましょう。

腸内フローラを良くして行くには

腸内フローラとは、腸内環境のことです。

善玉菌がフローラ(花畑)のように、たくさん腸にくっついていれば良い状態です。そのために出来ることがあるんですよ。

善玉菌を摂取する

良い腸内フローラを作るためには、乳酸菌・ビフィズス菌を摂取することが効果的です。それは乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌の仲間だからです。

でも、ただ闇雲に乳酸菌・ビフィズス菌を摂取しても、腸内フローラに加わってくれるわけではありません。

人によってくっついてくれる乳酸菌・ビフィズス菌の種類が違うからです。自分に合った乳酸菌・ビフィズス菌を探す必要があるんですよ。

↓こちらが「自分に合う乳酸菌の見つけ方」をまとめた記事です。読んで見てくださいね。

参考記事:自分に合う乳酸菌の見つけ方=効果的で効率的に見つけるある方法が鍵

善玉菌を育てる

「善玉菌を摂取する方法」の方がおすすめですが、もともと腸内フローラになっている善玉菌を育てる方法も効果的です。それは悪玉菌に押されて弱っている善玉菌を元気にするよりも、元気な善玉菌をお腹に入れるほうが良いと思うからです。

でも育てるのも簡単なので、両方やれれば最高ですよね。その方法は善玉菌の栄養になるものを腸にいる善玉菌に届けてあげれば良いんです

それがオリゴ糖です。

普通の砂糖では食べた人が吸収してしまうので、腸にいる善玉菌まで届きません。でもオリゴ糖は、人が吸収できないくらい大きな糖の塊なんです。なので善玉菌まで届けることが出来るんですよ。

↓こちらにオリゴ糖を食べるポイントをまとめてあります。参考にしてみてくださいね。

参考記事:オリゴ糖で便秘解消=オリゴ糖と必ず一緒に取るべきものとは

腸内フローラまとめ

腸内フローラはNHKでも紹介されるくらい注目されています。それは腸内にいる菌たちの姿だからです。

腸内フローラを良くするとは、善玉菌を多くしていくことです。そのためには、善玉菌の仲間である乳酸菌・ビフィズス菌を摂取する方法があります。また、摂取する方法の方がおすすめですが、育てる方法もあります。

良い腸内フローラにして、健康と美容とスッキリな毎日にして行きましょうね。

花畑のイメージ

花畑