シェアする

腸内環境改善=乳酸菌の便秘以外にも役立つ意外な働きとは

たくさんのハート
たくさんのハート

腸内環境改善に乳酸菌の力を借りよう。

便秘のときに、ヨーグルトを食べる人は、みんな無意識にそうしています。

乳酸菌は腸内環境改善に役立つんです。

でも、乳酸菌はどのように腸内環境改善に役立っているのか知ってますか?

腸内環境改善に役立つ乳酸菌の働き

腸内環境改善によって、何が変わるでしょうか?

それは、善玉菌と悪玉菌のバランスが変わります。

善玉菌の数が悪玉菌の数と同じか、少し多くなっているのが、良い腸内環境です。

では乳酸菌が、他の善玉菌よりも注目されるのは何ででしょうか?

それは、乳酸を作るからです。

乳酸は、腸内のPHを変えて弱酸性にしてくれます。

弱酸性が良いのは、肌だけじゃなかったんですよ。

弱酸性の腸には、こんな良いことがあります。

弱酸性の腸内環境で起きる良いこととは

まず、便秘解消なら絶対に離れられない腸の蠕動運動(ぜんどう)が活発になります。

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、腸がウネウネ動いて、便を肛門の方に送り出す運動です。

旅行先で便秘になったり、ストレスで便秘になったりするのは、この働きが弱くなってしまうからです。

実は悪玉菌が多い環境でも働きが弱くなります。

さらに、肛門に送り出せないので、消化吸収を妨げることもあります。

悪いこと尽くしです。

さらに乳酸菌によって、腸内環境が弱酸性になることで良いことがまだあるんです。

弱酸性の腸内環境による、善玉菌と悪玉菌への影響とは

腸内環境が弱酸性になると、乳酸菌以外の善玉菌はどうなるのでしょうか?

善玉菌と呼ばれる菌の多くは、腸内環境が弱酸性なのは住みやすい環境です。

なので、どんどん増殖をしていきます。

逆に悪玉菌弱酸性嫌いです。

暮らし難く、徐々に減っていきます。

なので、腸内環境改善には、乳酸菌が注目されるんです。

さらに免疫に影響すると言われるのも、弱酸性の腸内環境が関係しています。

弱酸性の腸内環境と免疫の関係とは

腸内環境が弱酸性になると、暮らしにくいのは悪玉菌だけじゃないんです。

外から入ってきた有害な毒を作る細菌や病原菌、腐敗菌も暮らしにくいんです。

さらに、ウィルスや発がん物質への抵抗力も高めていると言われています。

乳酸菌で腸内環境を弱酸性に改善しましょう

腸内環境改善には、乳酸菌が必要です。

それは、乳酸によって弱酸性になるからです。

腸内環境が弱酸性のときには、

肛門に便を送り出す蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、

善玉菌が暮らし易い環境になり、

有害な毒を作る菌が増えにくくなります。

乳酸菌を効率よく取って、便秘だけじゃなく、美容や健康も改善していきましょう。

乳酸菌の入っている商品の紹介や、乳酸菌に関係していることをまとめたページです。

タグ:「乳酸菌」一覧