シェアする

有胞子性乳酸菌の効果=乳酸菌が力を発揮できる凄い技術とは

有胞子性乳酸菌の効果って凄いんですよ。有胞子乳酸菌とも呼ばれますが、普通の乳酸菌では出来ないことが出来るんです。

乳酸菌の種類なども大切ですが有胞子性乳酸菌を選ぶこともとっても大切なんですよ。

有胞子性乳酸菌って何?

はじめに、有胞子性乳酸菌という名前の乳酸菌はいないんです。乳酸菌を加工することで有胞子性乳酸菌を作り出すことが出来ます。

有胞子性乳酸菌は乳酸菌が胞子のような殻に入っている状態になっているんです。条件を満たすと、この胞子のような殻が破れて、乳酸菌が飛び出すようになっています。

この乳酸菌が飛び出す条件は、作り方や材料によって少し違います。多いのが人間の体温の36~40℃になるなどです。

有胞子性乳酸菌のメリット

乳酸菌を何でわざわざ有胞子性乳酸菌にするのでしょうか?そのままの乳酸菌ではダメなんでしょうか?

それは、そのままの乳酸菌では、胃酸などによって死滅してしまうからです。

有胞子性乳酸菌なら大丈夫なんです。胞子のような殻が胃酸などの乳酸菌を死滅されてしまうものから乳酸菌を守って、生きたまま腸に届けてくれるんですよ。

有胞子性乳酸菌が開発されたことで、すっごく良かったことがあるんです。それは、乳酸菌の取り方の幅が一気に広がったことです。

有胞子性乳酸菌が開発されるまでは、カプセルなどで守るしか生きたまま乳酸菌を腸まで届けられませんでした。

それが、顆粒や粉末、タブレットでも乳酸菌を生きたまま届けられるようになったんです。

胞子の中では発酵・増殖できないのでヨーグルトなどの発酵食品には有胞子性乳酸菌を使うことはできません。それでも、完成したヨーグルトなどの発酵食品に、わざわざ有胞子性乳酸菌を添加している商品があるんです。

それくらい腸まで生きたまま乳酸菌を届けられる有胞子性乳酸菌は便秘解消に効果的なんですよ。

有胞子性乳酸菌まとめ

有胞子性乳酸菌は乳酸菌を胞子のような殻に入れたものです。なので、乳酸菌を死滅させてしまう胃酸などから守られています。

有胞子性乳酸菌が開発されたことで、カプセルなどで守る必要がなくなったんです。

なので、乳酸菌の取り方の選択肢が大きく広がりました。顆粒や粉末、タブレットなどでも乳酸菌を生きたまま腸まで届けられるようになったんですよ。

このサイトでも、もちろん有胞子性乳酸菌が使われている商品の紹介もしています。自分に合った乳酸菌の取り方を見つけて便秘解消してくださいね。

おすすめ記事:こんな人に飲んでほしい!その特徴とは

サプリメントの特徴から、どんな人に合っているのかをまとめてあります。

・どんなサプリメントが自分に合ってるんだろう?
・このサプリメントは自分に合うのかな?

こういう悩みを持っている人におすすめの記事です。